外国名・外国地名・世界の都市の漢字表記
+ 中国語での表記 + 検索機能



  「ア行」へ 「カ行」へ 「サ行」へ 「タ行」へ 「ナ行」へ 「ハ行」へ 「マ行」へ 「ヤ行」へ 「ラ行」へ 「ワ行」へ  

= 外国名・外国地名・世界の都市の漢字表記を調べる =



  表示 件      
  • 上の五十音目次から調べられる他、漢字、カタカナ、ひらがななどを入力して検索することができます。
  • 言葉をスペースで区切ると絞り込みが出来ます。曖昧検索は出来ません。
  • 中国語表記をGoogleマップで確認 → ・簡体 ・繁体
外国名・外国地名・世界の都市の漢字表記は、漢字を母国語としない国などの名称に漢字の音訓を借りてその語の表記に当てたもので、当て字や借字と呼ばれます。
 例:【芥川龍之介 翻訳小品】わたしは或南伊太利亜イタリア人を知っている。昔の希臘ギリシヤ人の血の通った或南伊太利亜人である。
そのため、一つの国名にいくつもの表記がある場合があり、また、漢字国の中国での表記とは異なるものもあります。
ここに表記したものが全てではありません。研究や学習にお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。
漢字による略称、旧国名・旧地名、地域名なども含みます。
中国語での表記は、二つの表記がある場合は、前が「簡字体」で、後が「繁字体」です。
著名な作家が、作品の中で外国名・外国地名の漢字をどのように使っているかをまとめました。右のボタンをクリックしてご覧ください。 作品に出てくる、国名・地名の漢字表記
参考文献
 「世界国尽」福沢諭吉 著 明治2年(1869年)
 「輿地誌略」内田正雄 編訳 明治3年(1870年)
 「英語箋・附録通弁独学・并五大州地名箋」卜部氏 訳 明治5年(1872年)
 「万国地理訓蒙」コロネル 著 西村恒方 訳 明治5年(1872年)
 「世界都路」仮名垣魯文 著[他] 明治5年(1872年)
 「内外旗章地球国名」片山勤 編 明治6年(1873年)
 「万国地名往来」黒田行元 著 明治6年(1873年)
 「単語独稽古」伴源平 編 明治7年(1874年)
 「世界新名数 初編巻之二」松川安信 編 明治7年(1874年)
 「単語解 初編」橋本小六 著 明治7年(1874年)
 「地名訳書字引」坂似水 編 明治7年(1874年)
 「万国史略」田中義廉 編 明治8年(1875年)
 「地球説略訳解」リチャード・クオーターマン・ウェー 著[他] 明治8年(1875年)
 「万国地名字引大全」安倍為任 編 明治9年(1876年)
 「兵要万国地理小誌」近藤圭造 訳述[他] 明治9年(1876年)
 「万国地名字引」桜井茂衛 編 明治11年(1878年)
 「一語通信」石出好三郎 編 明治13年(1880年)
 「習字大全」日比野綱雄 編 明治13年(1880年)
 「独逸国勢誌」小林営智 編訳 明治18年(1885年)
 「万国商業地理教科書」岡野熊太郎 訳 明治21年(1888年)
 「関税局明治21年調査資料 - 外国貿易論」添田壽一 著 明治21年(1888年)資料
 「外国地理 : 訂正」高木怡荘 著 明治23年(1890年)
 「受験応用万国小地誌」谷口政徳 著 明治24年(1891年)
 「外国地理小誌」新保磐次 著 明治34年(1901年)
 「外国地名及人名取調一覧」文部省 編 明治35年(1902年)
 「外国地名人名新辞典」地理研究会 編 明治36年(1903年)
 「外国地名字彙」教授法研究会 編 明治36年(1903年)
 「外国地名人名称方と書方」魚住嘉三郎 編 明治36年(1903年)
 「小学校事彙」教育学術研究会 編 明治37年(1904年)
 「欧米遊覧記 : 第二回世界一周」朝日新聞記者 編 明治43年(1910年)
 「外国地名人名呼称一覧」史学会 大正3年(1914年)
 「誤り易き文字と読方」高橋毅堂 著 大正4年(1915年)
 「世界地名大辞典」小林房太郎 著 昭和10年(1935年)
 「外国地名人名表」日本放送協会 編 昭和12年(1937年) など。
    他、正岡子規、夏目漱石、芥川龍之介など、主に明治、大正、昭和初期の文芸作品など。
このページをほぼそのままコピーして使用されているサイトが見受けられましたので、「ちょっと便利帳」では、中国語表記を付加した内容に改訂しました。(2007.9.10)
このサイトは編集著作物です。データの無断転載・無断転用を禁じます
 著作権侵害という犯罪
 このサイトでも参考文献としている、明治2年(1869年)に書かれた福沢諭吉の『世界国盡せかいくにづくし』の凡例の項目で、福沢諭吉は次のように述べています。

一 地名、人名等は、西洋の横文字を読て、ほぼそのいんに近き縦文字をあてることなれば、古来翻訳者の思々おもいおもいに色々の文字を用い、同じ土地にてもふたつみつもその名あるに似たり。又あるいは唐人の翻訳書を見てその訳字を真似まねしたるもあり。
 これはからの文字の唐音とういんもって西洋の字音もじあてたるゆえ、唐音に明るき学者達には分るべけれども、我々共には少しも分らず。故にこの書中にはつとめて日本人に分りやすき文字を用るようにせり。実はいろはばかり用ても済むべきはずなれども、本字を記して脇へ仮名を附れば記憶するに便利なり。
 たとえば南亜米利加の「ぺいりゆう」という処へ平柳ぺいりうと記しあれば、勘平かんぺいぺいの字と楊柳ようりゆうりゆうの字なりと むねに記しておぼえ易し。りうとりゆうとの違などは固より論ずるに足らず弁軽べんがるの弁の字は弁慶の弁の字なり。論頓ろんどんの論の字は論語の論の字なり。大抵たいていこの趣向にて訳字をくだしたれども、多くの訳書中に普通なる文字は、無理ながらもそのまゝ用てかたわらに仮名を附たれば、読者その本字をあてにせずして仮名の方を記憶すべし。

一 近年までは日本人も英文を読み得ず、和蘭おらんだの書のみを翻訳せしゆえ、地名にも蘭人のとなえと英人の唱と同じからざるによりて、訳字の相異なるものあり。
 譬えば昔日むかし蘭書の翻訳文中に窩々所徳礼幾おおすてんれいきと記したるものを、今は墺地利おおすとりやといい、むかし独逸どいつを今は日耳曼ぜるまんというがごときは、事実において変ることなし。ただ近来は英書流行ゆえ英のとなえに従うのみ。

こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索