漢数字での位の名称・漢数詞

漢数字と大字[だいじ] 漢数字の縦書き 位の名称・漢数詞 判決文の数字
   〔参考〕中国語数詞の大写
  • 「大数」と「小数」は、日本では、江戸時代の数学者(和算家) 吉田光由よしだみつよし (慶長3年[1598年]〜寛文12年[1673年])が寛永年間(1630年頃)に著した「 塵劫記じんこうき 」に、『大かずの名の事』『小かずの名の事』などとして紹介されています。
《「大数」「小数」を紹介した「塵劫記じんこうき」》
※ 画像をクリックすると拡大します。

塵劫記 「新編塵劫記」 「新板塵劫記」
「増補新編塵劫記」
塵劫記(じんこうき)・吉田光由著 - 寛永11年(1634年)版 - 早稲田大学図書館所蔵 塵劫記(じんこうき)・吉田光由著 - 寛永11年(1634年)版 - 早稲田大学図書館所蔵
寛永11年(1634年)版
新編塵劫記(しんぺんじんこうき)・吉田光由著 - 刊行年を欠いているが、内容は寛永11年版に近いとされる - 国立国会図書館所蔵
刊行年を欠いているが、
内容は寛永11年版に近いとされる
「新板塵劫記」「増補新編塵劫記」・吉田光由編 - 元禄2年(1689年)版 - 国立国会図書館所蔵
元禄2年(1689年)版
(早稲田大学図書館所蔵) (国立国会図書館所蔵)
  • このページでは、辞典などに紹介されている代表的な表記を紹介しています。
  • 大数の「無量大数」を「無量」と「大数」に分ける説、小数の「虚」「空」「清」「浄」を「虚空」「清浄」とする説などもあり、特に、位が大きくなる、もしくは小さくなるに従って諸説があるようで、文献などによっても違いがある場合があります。
  • 「無量」と「大数」については、前述の「塵劫記」では、「無量大数」を一つの位とする版、「無量」と「大数」を二つに分ける版などの違いが見られます。
 大数(1より大きくなって行く位)

位の名称

読み

値・乗数

  無量大数  むりょうたいすう  1068  1088 の説も
[大数]  [たいすう]  [ 1072 ]
[無量]  [むりょう]  [ 1068 ]
  不可思議  ふかしぎ  1064  1080 の説も
  那由他 (多)  なゆた  1060  1072 の説も
  阿僧祇 (祗)  あそうぎ  1056  1064 の説も
  恒河沙  ごうがしゃ  1052  1056 の説も
  極  ごく  1048
  載  さい  1044
  正  せい  1040
  澗 (潤)  かん  1036
  溝  こう  1032
  穣  じょう  1028
  𥝱     じょ 秭(し)  1024
  垓  がい  1020
  京  けい  1016
  兆  ちょう  1012
  億  おく  108
  万 (萬)  まん  104
  千  せん  103
  百  ひゃく  102
  十  じゅう  101
  一  いち  100
 小数(1より小さくなって行く位)

位の名称

読み

値・乗数

  一  いち  100
  分  ぶ  1-1
  厘 (釐)  りん  10-2  
  毛 (毫)  もう  10-3  
  糸 (絲)  し  10-4 
  忽  こつ  10-5
  微  び  10-6  
  繊  せん  10-7  
  沙  しゃ  10-8  
  塵  じん  10-9  
  埃  あい  10-10  
  渺  びょう  10-11  
  漠  ばく  10-12
  模糊  もこ  10-13  
  逡巡  しゅんじゅん  10-14  
  須臾  しゅゆ  10-15  
  瞬息  しゅんそく  10-16
  弾指  だんし  10-17
  刹那  せつな  10-18
  六徳  りっとく  10-19
  虚  きょ  10-20
  空  くう  10-21
[虚空]   [こくう] 
[ 10-20 ]
  清  せい  10-22
  浄  じょう  10-23
[清浄]    [しょうじょう] 
[ 10-21 ]
  阿頼耶  あらや
 10-24
[ 10-22 ]
  阿摩羅  あまら
 10-25
[ 10-23 ]
  涅槃寂靜  ねはんじゃくじょう
 10-26
[ 10-24 ]
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索