指点字

ここが「目次」です 「あ行」~「な行」へ 「は行」~「ん」へ 「アルファベット」へ 「数字」へ 五十音・数字 練習 拗音・記号 練習 「練習問題」へ
「指点字」は、目も耳も不自由な人とのコミュニケーションのために、点字タイプライターのキーの配置をそのまま人の指に当てはめ、手と手で直接行う会話法です。
6つの点で構成される点字の組み合わせを、左右の「人差し指・中指・薬指」で相手の指を「トン トン」とたたいて言葉を伝えます。
道具も使わず、慣れるとかなりの速さで会話ができ、指と指との触れ合いで心の通った情報のやりとりができます。
「指点字」は、9歳で失明し18歳で失聴した東京大学の福島智教授(2008年現在)の母親が、氏が失聴した1981年に指をキーのようにタッチすることで会話ができることを知り、広く世に知られるようになるきっかけとなりました。
両手の「人差し指・中指・薬指」を使います。
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索