「いおうとう」 「いおうじま
「硫黄島」の呼称は ?

 東京都小笠原村に属する「硫黄島」の呼称は、「いおうとう」です。
 2007年6月18日、「地名等の統一に関する連絡協議会」(国土地理院と海上保安庁海洋部で構成)において、「いおうじま」から「いおうとう」に変更され、併せて、北硫黄島は「きたいおうとう」、南硫黄島は「みなみいおうとう」にそれぞれ変更されました。
 旧島民が、「いおうとう」と呼んでいたことから、小笠原村が国土地理院に変更を要望していたもので、国土地理院では2007年9月発行の地図から、また海上保安庁も海図を「いおうとう」に切り替えています。
 硫黄島(いおうとうIwo To、旧名:いおうじま・Iwo Jima)は、硫黄列島中最大の、東京都小笠原村に属する東西約8km、南北約4kmの島で、標高が一番高い地点は摺鉢山(169m)です。
《鹿児島県にもある“硫黄島”》
 「硫黄島」は、鹿児島県にもあります。住所は、鹿児島県鹿児島郡三島村大字硫黄島で、こちらの呼称は「いおうじま」です。三島村(みしまむら)は、薩摩半島南端から南南西約40kmの位置にあって、竹島・硫黄島(鬼界ヶ島)・黒島の有人島と、新硫黄島などの無人島から成り立っています。

おすすめサイト・関連サイト…