不思議な目の錯覚さっかく錯視さくし
= Optical illusion =

[1] エビングハウス錯視(Ebbinghaus illusion)

 ・オレンジの丸、どちらが大きい?
エビングハウス錯視(Ebbinghaus illusion)
 ≫≫ Wikipedia
画像を重ねて比較する
中央のオレンジ色の円の大きさは同じ。同じ大きさの図形でも、大きい物の周りに置かれると小さく、小さい物の周りに置かれると大きく見える錯視。エビングハウスの大きさ錯視とも。
*似ている錯視に「デルブーフ錯視」があります。

[2] ミュラー・リヤー錯視(Müller-Lyer illusion)

 ・ どの線が長い?
ミュラー・リヤー錯視(Müller-Lyer illusion)
 ≫≫ Wikipedia
画像を重ねて比較する
線分の両端に内向きの矢羽を付けたもの(上段)と外向きの矢羽を付けたもの(中段)の線分は、上段が短く、中段は長く感じるが、実際は同じ長さ。

[3] ヘリング錯視(Hering illusion)

2本の赤い垂直線は外側に歪んでいるように見えるが、実際には2本とも直線。
ヘリング錯視(Hering illusion)     
 ≫≫ Wikipedia

[4] フィック錯視(Fick illusion)

 ・ AとB、どちらが長い? どちらが太い?
フィック錯視(Fick illusion)
 ≫≫ Wikipedia
画像を重ねて比較する
「A」と「B」は合同であるが、アルファベットが正体の方の図形では、図形Bの方が長く見える。また、図形Aの方が太く見える。これは一般に、水平な横線より垂直な縦線の方が長く認識されるために起こるとされる。同じ長さの図形は縦にされたものが横にされたものより長く感じるという錯視。垂直水平錯視(vertical-horizontal illusion, V-H illusion)とも。

[5] ツェルナー錯視(Zöllner illusion)

黒い長線は平行ではないように見えるが、実際には平行である。短線は長線と角度をなしている。この角度は、長線の一方の端が、他方よりも我々に近いという印象を与える。
ツェルナー錯視(Zöllner illusion)

長線だけを赤い線で描いたもの。平行の線です。
 ≫≫ Wikipedia

[6] フレイザー錯視(Fraser illusion)

 ・ 渦巻き? 指で線をたどって中心まで行けますか?
フレイザー錯視(Fraser illusion)
 ≫≫ Wikipedia
答えは…
渦巻きの様に見えますが、中央を共有する複数の円の上に同心円が描かれているだけです。
同心円を3つ、赤い線にしてみました。渦巻きではないことが分かります。
水平から若干傾けた斜線を平行に置くことで、全体としては水平であるはずの直線が、傾き方向に傾いて見える現象を利用しています。

[7] きらめき格子錯視(Scintillating Grid Illusion)

格子の交差した部分で、白丸の中に黒い点が点滅して見えるでしょうか。
きらめき格子錯視(Scintillating Grid Illusion)
実際には黒い点は描かれてはいません。下の図のように、部品[1]の格子に、部品[2]の白い点を重ねただけです。
白線の交差部分に黒い点が現れたり消えたりと、きらめいているように見えるこの「きらめき格子錯視」は1997年に発表されたということです。
部品[1]

格子を用意します。
部品[2]

交差した部分に合うように白い丸を描き、
格子に重ねます。

[8] ポゲンドルフ錯視(Poggendorff illusion)

黒い線と青い線はつながっているでしょうか?
ポゲンドルフ錯視(Poggendorff illusion)
下の図の左側は上の図と同じものです。
右側は、グレーの長方形の後ろにある斜めの線が見えるようにしたものです。
左の図では、黒い線と青い線がつながって見えますが、実際には黒い線と赤い線がつながっていて黒い線と青い線はつながっていません。斜線を描き、その間の形跡を別の図形で隠すと、その直線の始まりと終わりがずれて見える水平線・垂直線と斜線の関係についての錯視です。このポゲンドルフ錯視は、1860年に発見されたということです。
「そんなはずはない」と思われる方は、右側の画像のグレーの部分を指などで覆ってみてください。

 ≫≫ Wikipedia

[9] ポンゾ錯視(Ponzo illusion)

左側の図の、横の平行線はどちらが長いでしょうか。
上の方が長く見えますか。実は、右の図のように四角形を重ねて分かる通り2本の線は同じ長さです。二つに交わる線分の間に平行線を入れると、上の平行線が長く見えるという錯視です。
ポンゾ錯視(Ponzo illusion)

《ポンゾ錯視の例》黄色い線は実際には同じ長さ。
 ≫≫ Wikipedia

[10] カフェウォール錯視(Café wall illusion)

カフェウォール錯視は、水平の線が右または左に傾いて見える錯視です。1908年に報告されたということです。
平行線の間に等間隔に四角を置き、上下で互い違いになるようにすると平行なはずの線分が歪んで見えます。
カフェウォール錯視(Café wall illusion)

・部品は、平行な線と四角い升です。
・右側の図で分かるように、四角い升を上下で互い違いにするとそれだけで歪んで見えます。これに平行な線を加えると歪みが際立って見えます。
 ≫≫ Wikipedia

[11] ジャストロー図形・ジャストロー錯視(Jastrow illusion)

 ・ AとB、どちらが大きい?
ジャストロー図形・ジャストロー錯視(Jastrow illusion)
 ≫≫ Wikipedia
画像を重ねて比較する
二つの扇形では、内側、即ち下の扇形の方が大きく見えます。しかしAとBを重ねてみると二つの扇形は同じ形であることが分かります。また、その応用で台形を上下に並べると必然的に上の台形が大きく見えます。 ジャストロー錯視とも。

[12] デルブーフ錯視(Delboeuf illusion)

AとBのオレンジの丸と、CとDのオレンジの四角は、それぞれどちらが大きいでしょうか。
AとCが大きく見えるのではないかと思いますが、実際には丸のオレンジも四角のオレンジも、それぞれ大きさは同じです。 デルブフ錯視とも。
デルブーフ錯視(Delboeuf illusion)
 ≫≫ Wikipedia
*似ている錯視に「エビングハウス錯視」があります。

[13] 色の同化(Color assimilation)

色は隣接する色によって見え方が変化します。
特に、下の画像のように細かい線の繰り返しがあると隣接する色がお互いに近づくように変化し、同じベースの色でも違った色に見えたりします。
色の同化(Color assimilation)

= 色の同化の応用 =
みかんを赤いネットに入れると、より赤みを帯びて見えます。
赤いネットに入れて売り場に陳列するのは、よりおいしそうに見せるための工夫で、この「色の同化」の応用と言われています。「色の同化」の効果は色々な所で使われているようです。
色の同化の応用:みかんを赤いネットに入れると、より赤みを帯びて見えます

[14] チェッカーシャドウ錯視(Checker shadow illusion)

チェッカーシャドウ錯視は、マサチューセッツ工科大学のエドワード・エーデルソン教授が1995年に発表した錯視。
チェッカーシャドウ錯視(Checker shadow illusion)

 ≫≫ Wikipedia

[15] オッペル・クント錯視(Oppel-Kundt illusion)

AとBの間隔と、BとCの間隔はどちらが広いでしょうか。
オッペル・クント錯視(Oppel-Kundt illusion)
・間隔はどちらも同じなのですが、AとBの間隔の方が広く見えるのではないでしょうか。
・等間隔に3本の平行線を引き、それぞれA、B、Cとします。AとBの間には何本もの平行線を引き、BとCの間はそのままにします。
・すると、線分ABと線分BCの距離は同じですが、ABの方がBCより広く見える錯視が起きます。
オッペル・クント錯視(Oppel-Kundt illusion)

 ≫≫ Wikipedia

おすすめサイト・関連サイト…