職人尽絵詞しょくにんづくしえことば』に見る、『江戸時代の職業・風俗』

  「江戸時代の職業」目次へ
  「職人尽絵詞」目次へ
職人尽絵詞しょくにんづくしえことば」より
屋台店 - 天麩羅屋・鯣屋・四文屋
「職人尽絵詞」より、屋台店 - 天麩羅屋・鯣屋・四文屋
鯣屋するめや」は、「煮鯣売り」「焼き烏賊屋」などとも。
四文屋しもんや」は、江戸時代、四文均一の飲食物を売った屋台店。串に刺した「おでん」のような食べ物を売っていた。
天麩羅屋
天麩羅屋(てんぷらや)
鯣屋
鯣屋(するめや)
四文屋
四文屋(しもんや)
《四文屋について》
 『職人尽絵詞』が描かれてからおよそ30年後の、天保3年(1832年)から天保7年(1836年)に、寺門静軒によって書かれた『江戸繁昌記』に「四文屋」が次のよう出て来る。
《読み下し》

一鍋内いっかない数串すうかんいもを貫き、豆腐を貫き、種々これひたす。鍋ふっして烟かんばし。一串(一以って之を貫く)四文(文行忠信)。人のえらび食ふにまかす。此を四文屋と曰ふ」

《現代文》

「鍋の中に、幾串も芋をさし、豆腐をさし、いろいろと浸す。鍋で煮て、香ばしい湯気が立つ。一串四文で、客が勝手に選んで食べる。これを四文屋という」

 また、 『職人尽絵詞』とほぼ同時期に書かれた『飛鳥川(柴村盛方著・文化七年/1810年)』には、次のように「四文屋」や「煮売屋」が賑わいを見せたことが出て来る。
「煮肴にしめ菓子の類、四文屋とて両国は一面、柳原より芝までつゞき大造なる事也。其外煮売茶屋、両国ばかりに何軒といふ数をしらず」
職人尽絵詞 しょくにんづくしえことば は、江戸後期の文化年間(1804年〜1818年)の始め頃 に、浮世絵師、鍬形蕙斎くわがたけいさい [北尾政美きたおまさよし ]によって描かれた、全3巻からなる絵巻物で、100を超す当時の様々な職業や、職人の姿、風俗などが描かれています。
 鍬形蕙斎が絵を描き、大田南畝おおたなんぽ朋誠堂喜三二ほうせいどうきさんじ山東京伝さんとうきょうでんなどが詞書ことばがきを添えています。
 ここでの画像は、国立国会図書館所蔵の模本によります。
 なお、このサイト内の「職人尽絵詞」のページに掲載した画像は、独自に色彩補正を行っており、国立国会図書館所蔵による元の画像は全体のページを通して右の絵のような色合いです。
  • 上の絵にマウスを乗せると、部分的に拡大して表示されます。
  • 《全体図を拡大表示する》をクリックすると、画像が拡大します。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16