宝船桂帆柱たからぶねかつらのほばしら』に見る、『江戸時代の職業・職人・商人』

  「江戸時代の職業」目次へ
  「宝船桂帆柱」目次へ
宝船桂帆柱たからぶねかつらのほばしら」より
扇折おうぎおり職・篭細工かございく
宝船桂帆柱たからぶねかつらのほばしらは、江戸時代後期の文政10年(1827年) に、戯作者、十返舎一九じっぺんしゃいっくの作、浮世絵師、歌川広重うたがわひろしげの画で出版された「職人尽しょくにんづくし」です。「職人尽」とは、様々な職人の名を上げて歌や絵などで紹介するもので、絵画を中心としたものは「職人尽絵しょくにんづくしえ」とも呼ばれます。「宝船桂帆柱」には、38の職業や、職人の姿、商人の姿などが描かれています。
 ここでの画像は、国立国会図書館所蔵によります。
 なお、このサイト内の「宝船桂帆柱」のページに掲載した画像は、独自に色彩補正を行っており、国立国会図書館所蔵による元の画像は全体のページを通して右の絵のような色合いです。
  • 上の絵にマウスを乗せると、部分的に拡大して表示されます。
≪≪ 「宝船桂帆柱」目次へ (全ての画像を連続して見られるリンクも)

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16