「妖怪跋扈 !!『百鬼夜行絵巻』などを見る」目次 

妖怪跋扈ようかいばっこ!!
今昔百鬼拾遺こんじゃくひゃっきしゅうい』 を見る
= 鳥山石燕 画 =


 『今昔百鬼拾遺こんじゃくひゃっきしゅうい
「 雲 」
「 霧 」
「 雨 」


  今昔百鬼拾遺 こんじゃくひゃっきしゅうい は、安永10年・1781年に刊行された鳥山石燕とりやませきえんの妖怪画集。「雲」「霧」「雨」の三部構成となっている。本作で描かれている妖怪には、実際の伝承にあるものではなく、石燕が創作したものも多く含まれている。また『画図百鬼夜行』、『今昔画図続百鬼』、本作、『百器徒然袋』とある石燕の作品の中で唯一、本作は彩色版があったとの説もある。Wikipediaより)
 ここに掲載した版は、国立国会図書館のデータでは、「文化2年・1805年 」版とされる。

《画像スライド》

今昔百鬼拾遺こんじゃくひゃっきしゅうい 《霧》

  • ここでは、「今昔百鬼拾遺 霧」の12枚の画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • このページでの「今昔百鬼拾遺」は、国立国会図書館が所蔵し公開している画像を引用しています。このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。1ページ目は補正をしていない原画です。

《画像ポップアップ》

今昔百鬼拾遺こんじゃくひゃっきしゅうい 《霧》

  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。

《一》

《二》

紅葉狩(もみじがり)
朧車(おぼろぐるま)

火前坊(かぜんぼう)
蓑火(みのび)

青行燈(あおあんどん)
雨女(あめおんな)

小雨坊(こさめぼう)
岸涯小僧(がんぎこぞう)

あやかし
鬼童(きどう)

鬼一口(おにひとくち)
蛇帯(じゃたい)

小袖の手(こそでのて))
機尋(はたひろ)

大座頭(おおざとう)
火間蟲入道
(ひまむしにゅうどう)

殺生石(せっしょうせき)
風狸(ふうり)

茂林寺釜(もりんじのかま)
《画像レンズ拡大》

今昔百鬼拾遺こんじゃくひゃっきしゅうい 《霧》

  • 下の画像にマウスを乗せると、部分的に拡大して見ることができます。
「今昔百鬼拾遺」より
《一》
「今昔百鬼拾遺」より
《二》
「今昔百鬼拾遺」より
紅葉狩(もみじがり)
朧車(おぼろぐるま)
「今昔百鬼拾遺」より
火前坊(かぜんぼう)
蓑火(みのび)
「今昔百鬼拾遺」より
青行燈(あおあんどん)
雨女(あめおんな)
「今昔百鬼拾遺」より
小雨坊(こさめぼう)
岸涯小僧(がんぎこぞう)
「今昔百鬼拾遺」より
あやかし
鬼童(きどう)
「今昔百鬼拾遺」より
鬼一口(おにひとくち)
蛇帯(じゃたい)
「今昔百鬼拾遺」より
小袖の手(こそでのて)
機尋(はたひろ)
「今昔百鬼拾遺」より
大座頭(おおざとう)
火間蟲入道(ひまむしにゅうどう)
「今昔百鬼拾遺」より
殺生石(せっしょうせき)
風狸(ふうり)
「今昔百鬼拾遺」より
茂林寺釜(もりんじのかま)

   「妖怪跋扈 !!『百鬼夜行絵巻』などを見る」目次 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/01/03