「妖怪跋扈 !!『百鬼夜行絵巻』などを見る」目次 

妖怪跋扈ようかいばっこ!!
化物三ツ目大ほういばけものみつめだいほうい』 を見る
= 富川房信・画 =


 『化物三ツ目大ほういばけものみつめだいほうい 《上巻・下巻》』

化物三ツ目大ほうい ばけものみつめだいほうい は、黒本くろほん と呼ばれる絵入りの娯楽本で、江戸時代中期以降に流行した草双紙くさぞうしと総称される本のジャンルの一つです。
 この『化物三ツ目大ほうい』は、江戸時代中期の浮世絵師、 富川房信とみかわふさのぶ によって書かれました。富川房信は、晩年には吟雪、百亀とも号し、書中には「富川吟雪とみかわぎんせつ」との表記が見られます。
 ここに掲載した版は、国立国会図書館のデータでは、安永3年・1774年の出版とされます。 また、並列タイトルとして「新板風流妖相生の盃しんぱんふうりゅうばけものあいおいのさかずき」の表記がなされています。

《画像スライド》

化物三ツ目大ほういばけものみつめだいほうい 《上巻・下巻》

  • ここでは、「化物三ツ目大ほうい 上巻・下巻」の11枚の画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • このページでの「化物三ツ目大ほうい」は、国立国会図書館が所蔵し公開している画像を引用しています。このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。1ページと8ページは補正をしていない原画です。

《画像ポップアップ》

化物三ツ目大ほういばけものみつめだいほうい 《上巻・下巻》

  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • マウスや画面タッチで、画像をスライドさせたり、拡大させたりすることができます。

《一》

《二》

《三》

《四》

《五》

《六》

《七》

《八》

《九》

《十》

《十一》

《十二》
《画像レンズ拡大》

化物三ツ目大ほういばけものみつめだいほうい 《上巻・下巻》

  • 下の画像にマウスを乗せると、部分的に拡大して見ることができます。
「化物三ツ目大ほうい」より
《一》
「化物三ツ目大ほうい」より
《二》
「化物三ツ目大ほうい」より
《三》
「化物三ツ目大ほうい」より
《四》
「化物三ツ目大ほうい」より
《五》
「化物三ツ目大ほうい」より
《六》
「化物三ツ目大ほうい」より
《七》
「化物三ツ目大ほうい」より
《八》
「化物三ツ目大ほうい」より
《九》
「化物三ツ目大ほうい」より
《十》
「化物三ツ目大ほうい」より
《十一》
「化物三ツ目大ほうい」より
《十二》

   「妖怪跋扈 !!『百鬼夜行絵巻』などを見る」目次 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16