「妖怪跋扈 !!『百鬼夜行絵巻』などを見る」目次 
妖怪かるた

妖怪跋扈ようかいばっこ!!
妖怪ようかいかるた』 を見る


 『妖怪ようかいかるた』

  妖怪 ようかい かるた 」の登場は、江戸時代後期頃と推測される』(多田克己著「江戸妖怪かるた」より)
 この「妖怪かるた」では、「いろはに…」から「す」までの四十七文字に加え、「ん」の代わりに「京」の字を入れて四十八枚となっています。この四十八枚の形は「いろはガルタ」とされるものに多く見られます。

《画像スライド》

妖怪ようかいかるた

  • ここでは、「妖怪かるた」の48枚の画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。

《画像ポップアップ》

妖怪ようかいかるた

  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。

井戸から出る皿屋敷
いどからでるさらやしき

轆轤首の油舐め
ろくろくびのあぶらなめ

羽生村の累
はにゅうむらのかさね


二階から出るももんじい
にかいからでるももんじい

本所の置いてけ堀
ほんじょのおいてけぼり

塀越しの幽霊
へいごしのゆうれい


土佐の海の妖怪
とさのうみのようかい

提灯小僧
ちょうちんこぞう

利欲の心火
りよくのしんか


鵺の化物
ぬえのばけもの

留守の間に出る化物
るすのまにでるばけもの

岡崎の猫寺の怪
おかざきのねこでらのかい


笑い般若
わらいはんにゃ

亀山の化物
かめやまのばけもの

四谷のお岩
よつやのおいわ


狸の腹鼓
たぬきのはらつづみ

連木の化物
れんぎのばけもの

空を飛ぶ人玉
そらをとぶひとだま


辻堂前の旅人の執念
つじどうまえの
たびびとのしゅうねん

寝床へ出る髪引き念
ねどこへでるかみひきねん

那須野が原 殺生石の怪
なすのがはら
せっしょうせきのかい


頼光 土蜘蛛の怪
らいこう つちぐものかい

昔々重い葛籠の化物
むかしむかし
おもいつづらのばけもの

碓氷峠の撞木娘
うすいとうげのしゅもくむすめ

田舎村から出る狐火
いなかむらからでるきつねび

野中の化地蔵
のなかのばけじぞう

沖に見える舟幽霊
おきにみえるふなゆうれい


楠木の亡魂
くすのきのぼうこん

柳の下の姑獲鳥
やなぎのしたのうぶめ

松山村の怪
まつやまむらのかい


下駄の化物
げたのばけもの

古寺の化本尊
ふるでらのばけほんぞん

小幡小平次の執念
こはだこへいじのしゅうねん


縁の下から出る畳上げの怪
えんのしたからでる
たたみあげのかい

天神下の化生屋敷
てんじんしたのけしょうやしき

青鷺の化物
あおさぎのばけもの


小夜の中山 夜啼石の怪
さよのなかやま
よなきいしのかい

清盛 福原の怪
きよもり ふくはらのかい

雪降りに出る雪女郎
ゆきふりにでるゆきじょろう


めぐま村の化瞽女
めぐまむらのばけごぜ

御輿が嶽 見越入道
みこしがたけ みこしにゅうどう

舌出し小僧の豆腐舐め
しただしこぞうのとうふなめ


ゑのくまの首
えのくまのくび

日高川 嫉妬の念
ひだかがわ しっとのねん

茂林寺の分福茶釜
もりんじのぶんぶくちゃがま


船中の怪 海坊主
せんちゅうのかい うみぼうず

駿河の北浜 鬼火の怪
するがのきたはま おにびのかい

京の町へ出る片輪車
きょうのまちへでるかたわぐるま

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16