家紋目次・五十音分類検索へ 
「見聞諸家紋」原文  
「家紋の図鑑」参考文献  
 家紋検索  
「見聞諸家紋」に見る家紋一覧
= 文化6年(1809年)写本版 =
  • 「見聞諸家紋」けんもんしょかもんは、「東山殿御紋帳」ひがしやまどのごもんちょうとも呼ばれる家紋集で、日本最古(丹羽基二著「家紋大図鑑」より)の紋帳とされ、261 の図形(家紋としては重複あり)とともに、使用する武家名などが採録されています。
  • 東山殿とは室町幕府第8代将軍足利義政のことで、「見聞諸家紋」の成立は、応仁末年・1467年から文明2年・1470年までの間と推定されます。( Wikipedia  
  • ここで参考にした版は国立国会図書館が所蔵するもので、後書きに「文化六年・1809年 9月下旬 光教写」との表記が見られます。
  • 文献内には「永正七年・1510年 於立雪齋 書了」との文字が見られ、元々の所有者もしくは研究者の手によって「天文八年・1539年 佐々木秀勝」という文字も書き加えられています。また、「東山殿時代諸家之紋帳也」との説明も書き加えられています。
  • この版の図書館への納本は、江戸末期から明治前期の国学者、榊原芳野とされます。
  • 「見聞諸家紋」では家紋の呼称はほとんど記載されていません。ここで示した呼称は、「見聞諸家紋」に明示されたもの以外は現代で呼称される一つの例です。
  • このページでの配列は「見聞諸家紋」での出現順に従いました。「見聞諸家紋」では「次第不同」と記されています。
  • 「見聞諸家紋」では同じ意匠の家紋が重複している場合があります。
  •  ・「見聞諸家紋」の原文はこちらをご覧ください。『見聞諸家紋』を見る  
・画像をクリックすると拡大します。
「佐々木本」として解説される家紋
  • 国立国会図書館が所蔵する「見聞諸家紋けんもんしょかもん」では、元々の所有者もしくは研究者の手によって朱書きの書き込みがあります。
  • ここでは、その中から「佐々木本によれば」といった意味の解説がある家紋の一部を紹介します。
= 家紋 キーワード検索 =
※「見聞諸家紋」のデータは含みません。

家紋       
1ページの表示件数: 件   

 《お読みください - 使い方のヒントなど》
  • このデータベースには、9,000を超す家紋の画像が、その名称、読み方などとともに登録されています。
  • 漢字一文字や平仮名からも検索が出来るほか、下記の「五十音分類検索」で分類から探すことも出来ます。
  • キーワード検索では、言葉をスペースで区切ると絞り込みが出来ます。ただし、曖昧検索は出来ません。
  • 分類は、重複して登録されているものもあります。
  • 検索結果のページ内に一覧で表示される家紋は、縦横が圧縮されて表示されている場合があります。家紋をクリックし、拡大してご覧ください。
  • 《巴紋の左右について》
    巴紋の形の、「右三つ巴」「左三つ巴」など、どちら向きを右もしくは左とするかの呼称の問題は、研究家の間でも論点となっている所のようです。 当サイトでは、細くなって行く方向を示すという考え方に立ち、例えば「右三つ巴」は、下の図のように細い方が右を向き、太い方が左を向いている形を表しています。
         右三つ巴
    これは、日本最古(1470年頃の成立)の紋帳とされる『見聞諸家紋けんもんしょかもん 』にも見られるもので、見聞諸家紋には左巴、右巴との表記があります。
  • 家紋の形の細部や、名称、読み方、分類などは紋帳によって違いがある場合があります。また、読み方では、例えば「 - きり」とするか「 - ぎり」とするか、「 - くるま」とするか「 - ぐるま」とするか、「 - ともえ」とするか「 - どもえ」とするかなど、清音にするか濁音にするかの違いも紋帳によって様々であり、当サイトでも混じっている場合があります。
  • 名称や読み方に間違いがあったり、他の表記・読み方がある場合など、お気付きの点がございましたらこちらからお知らせください 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/10/01