作品に出てくるものの数え方(助数詞)
 
ご利用について      ものの数え方参考書
次へ[ランダムジャンプ]
箸
作 家
作 品
岡本かの子
【鯉魚】
禅寺(ぜんでら)では食事のとき、施餓鬼(せがき)のため一箸(はし)ずつ鉢(はち)からわきへ取除(とりの)けておく。
原民喜
【美しき死の岸に】
夕食の用意が出来て枕頭に置かれた。が、妻は母親のすすめる食事を厭(いと)うように、わずかに二箸ばかり手をつけるだけだった。電灯のあかりの下に、すべてが薄暗くふるえていた。
海野十三
【赤外線男】
当直は夜食(やしょく)の親子丼(おやこどんぶり)の蓋(ふた)をとった。
二箸(ふたはし)三箸(みはし)つけたところへ、署外からジリジリと電話がかかって来た。
「当直へ電話です」と電話口へ出た見習(みならい)警官が云った。
「おお」当直は急いでもう一と箸、口の中に押しこむと、立って卓子(テーブル)電話機をとりあげた。
堺利彦
【獄中生活】
そこで十五名一列になって膳の前に坐ると、そこに突立っている看守から「礼!」という号令がかかる。それで一礼して箸をとる。予は僅に二箸三箸をつけたのみで、ほとんど何ものをも食い得なんだ。また、「礼!」という号令の下に一礼して立ちあがると、今度は右側の室の鉄の戸を開けて七八人ずつ入れられた。
 
   
 
 
 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16