作品に出てくるものの数え方(助数詞)
 
ご利用について      ものの数え方参考書
次へ[ランダムジャンプ]
振
作 家
作 品
芥川龍之介
【素戔嗚尊】
彼は身仕度をすませると、壁の上の武器の中から、頭椎(かぶつち)の剣(つるぎ)一振(ひとふり)とって、左の腰に結び下げた。
森鷗外
【佐橋甚五郎(さはしじんごろう)】
饗応に相判などはなかった。膳部(ぜんぶ)を引く頃(ころ)に、大沢侍従(おおさわじじゅう)、永井右近進(ながいうこんのしん)、城織部(じょうおりべ)の三人が、大御所のお使として出向いて来て、上(かみ)の三人に具足三領、太刀三振たちみふり)、白銀三百枚、次の三人金僉知(きんせんち)らに刀三腰(とうみこし)、白銀百五十枚、上官二十六人に白銀二百枚、中官以下に鳥目(ちょうもく)五百貫を引物(ひきもの)として贈(おく)った。
織田作之助
【青春の逆説】
慰藉金を少くとも千円と見込んで、これでんねんと出したのを見ると、系図一巻と太刀一振だった。
中里介山
【大菩薩峠 小名路の巻】
何だい、その寝かし物というのは」
「そりゃでございます、名刀が一振(ひとふり)かくしてあるんでございます」
「ナニ、名刀? 名刀なら有っても決して邪魔にはならねえが、名刀にも品がある、お前たちのいう名刀は、あんまり大した代物(しろもの)ではあるまい」
浜野四郎
【夢の殺人】
ただ従来、斬ってかかるような物がおいてない。それ故、藤次郎は一振短刀を求めたのである。
村山槐多
【殺人行者】
彼女は走つて行つたが、やがて手に電燈と、もう一つ変な物とを持つて帰つて来た。それは青い皮の鞘にはまつた一振短刀である。
小栗虫太郎
【聖アレキセイ寺院の惨劇】
そう云って、警部は一振り洋式短剣(ダッガー)を突き出した。
牧野信一
【ゼーロン】
私は特別に頑丈な大型の登山袋にそれを収めて、太い杖を突き、一振り山刀をたばさんで出発した。
作者不詳
国民文庫
(明治43年)
校訂: 古谷知新
【源平盛衰記】
治承五年五月十九日 正六位上源朝臣行家
とぞ書たりける。此祭文に、神馬三匹銀一振、上矢二筋相具して、太神宮へ奉進す。
 
   
 
 
 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16