作品に出てくるものの数え方(助数詞)
 
ご利用について      ものの数え方参考書
次へ[ランダムジャンプ]
宇
作 家
作 品
岡本綺堂
【中国怪奇小説集 剪燈新話】
むこうの山の頂きに何かの建物があるのを見つけて、ともかくもそこまで辿(たど)り着くと、そこらは人跡(じんせき)の絶えたところで、いつの代に建てたか判らないような、頽(くず)れかかった一宇(いちう)の古いがありました。
「なんだか物凄い所だ」
與謝野寛
【蓬生】
其れから御坊(ごばう)は昔願泉寺と云ふ真言宗(しんごんしう)の御寺(おてら)の廃地であつたのを、此の岡崎は祖師 親鸞上人(しんらんしやうにん)が越後へ流罪(るざい)と定(きま)つた時、少時(しばらく)此地(こヽ)に草庵(さうあん)を構へ、此の岡崎から発足(はつそく)せられた旧蹟だと云ふ縁故(ゆかり)から、西本願寺が買取つて一宇を建立(こんりふ)したのだ。
泉鏡花
【凱旋祭】
ひとり、唯、単に、一宇(いちう)のみ、生首に灯(ひとも)さで、淋(さび)しく暗かりしを、怪しといふ者候ひしが、さる人は皆人の心も、ことのやうをも知らざるにて候。
芥川龍之介
【或阿呆の一生】
すると黄ばんだ麦の向うに 羅馬(ロオマ)カトリツク教の伽藍(がらん)一宇(いちう)、いつの間にか円屋根(まるやね)を現し出した。……
釋迢空
折口信夫
【死者の書】
數年前の春の初め、野燒きの火が燃えのぼつて來て、唯一宇あつた 萱堂 (かやどう )が、 忽(たちまち )痕(あと )もなくなった。そんな小な事件が起って、注意を促してすら、そこに、 曾(かつ )て美(うるわ )しい福田と、寺の 創(はじ )められた 代(よ)を、思い出す者もなかった程、それはそれは、微かな遠い昔であった。
国枝史郎
【天主閣の音】
もうこの辺は春日井の郡で、如何にも風景が田舎びていた。
一宇屋敷が立っていた。
島崎藤村
【夜明け前 第一部上】
木曾谷の西のはずれに初めて馬籠の村を開拓したのも、相州三浦(そうしゅうみうら)の方から移って来た青山監物(けんもつ)の第二子であった。ここに一宇を建立(こんりゅう)して、万福(まんぷくじ)と名づけたのも、これまた同じ人であった。
作者不詳
国民文庫
(明治44年)
【義経記】
中の下部向ひて見れば、一宇も残らず焼けければ、全く時を移さず、参りて陳じ申さんとて、馳せ上り、院の御所に参じて陳じ申しければ、「さらば罪科の者を申せ」と仰せ下さる。
作者不詳
国民文庫
(明治43年)
校訂: 古谷知新
【源平盛衰記】
聖断遅々の間、衆徒多矢にあたり、神人殺害に及上は、神輿の残四社を奉振下、七社の神殿、三塔の仏閣一宇も不残焼払、山野に交るべし、悲哉西光一人が姦邪に依て、忽に園融十乗の教法を亡さん事をと、三千の衆徒僉議すと聞えければ、当山の上綱を召て、可有御成敗之旨依被仰下、十五日勅定を披露の為に、僧綱等登山しけるを、衆徒嗔を成て、水飲に下向て追臨す。
作者不詳
国民文庫
(明治43年)
校訂: 古谷知新
【源平盛衰記】
巳時ばかりに礪並山の北の麓に著て、日宮林に旗三十流打たてたり。倶梨伽羅山と云は加賀と越中との境也。嶺に一宇伽藍あり。昔越大徳諸国修行し給ひしに、倶梨伽羅明王の行給ひたりしかば、其よりして此山を倶梨伽羅岳共申とか。
 
   
 
 
 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16