「13日の金曜日」を調べる
= Friday the 13th =

 13日が金曜日に当たると「不吉」とされる迷信が英語圏の多くとドイツ、フランスなどにあります。「13日の金曜日 - Friday the 13th 」と呼ばれます。
 現在多くの国で用いられているグレゴリオ暦では、第1日が日曜日である月に「13日の金曜日」が現れ、1年の間に必ず1回以上、最大で年3回現れます。
 ここでは、指定した西暦年から、設定した期間の「13日の金曜日」を表示します。
(期間の設定は、調べたい西暦年の1年前、および、調べたい年数より1年多く設定することをおすすめします。ぴったりの期間にした場合、1月や後ろの方の月が表示されない場合があります。表示された結果にもご注意ください)

西暦:   年から...   年間を    

・設定した期間の「13日の金曜日」は…
 《ここに結果が表示されます》

13日の金曜日 - FRIDAY THE 13TH
スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
 ■ 「13日の金曜日」とは... Wikipedia より引用

「13日の金曜日」とは

 13日の金曜日(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。

「イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えている」という俗説があるが、これは正しくない。忌み数の13と関係がある。

 なお、現在多くの国で用いられているグレゴリオ暦では、1年の間に必ず1回以上、最大で年3回、13日の金曜日が現れる(第1日が日曜日である月にある)。またグレゴリオ暦の置閏法は400年を周期とし、400年間の日数14万6097日はちょうど2万871週なので、400年で同じ曜日のパターンが繰り返される。そのパターンでは、13日の曜日の中で最も多いのは金曜日である(木曜日から始まる平年と日曜日から始まる閏年は年に3回13日の金曜日がある)。

 なお、当時はローマの暦とユダヤの陰暦が併用されており、福音書の日付は陰暦である。

起源

 キリスト教の影響が強い国であっても、イタリアで不吉な日は17日の金曜日であり、スペイン語圏では13日の火曜日が不吉だとされている。13日の金曜日を不吉とするのは、英語圏とドイツ、フランスなどに限られる。ただしフランスでは宝くじの売り上げが急上昇する、幸運な日でもある。

  これらの国で13日の金曜日が不吉とされる理由には、いくつもの説があるが、定かでない。13を不吉な数とするものと、金曜日を不吉とするものが独立して生じ、それらが合体したものであるという説が有力である。13日の金曜日を不吉とするのは 19世紀になってからだとする意見もある。


 Wikipedia最終更新 2017年10月7日 (土) 00:47



おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2018/01/16