立春
雨水
啓蟄
春分
清明
穀雨
立夏
小満
芒種
夏至
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
寒露
霜降
立冬
小雪
大雪
冬至
小寒
大寒
節分
春社日
春彼岸
春土用
八十八夜
入梅
半夏生
中元
お盆・盂蘭盆
夏土用
二百十日
二百二十日
秋彼岸
秋社日
秋土用
冬土用
元日
寒の入り
人日
(じんじつ)
上巳
(じょうし)
端午
(たんご)
七夕
(しちせき)
重陽
(ちょうよう)
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
 弱冠、而立、不惑など  三十路、四十路など
論語について
 
 旧暦・六曜(大安、仏滅)などを調べることができます。
  仏式  神式  キリスト教・カトリック  キリスト教・プロテスタント
 指定した年の恵方を調べることができます。  地図で確認

雛人形 ひなにんぎょうの飾り方
三月三日 上巳の節句

 三月三日、上巳の節句と雛人形
雛人形 十五人揃い・七段飾り
[ 拡大 ]

 3月3日は、五節句の一つ「 上巳 じょうし 節句 せっく 」です。
「桃の節句」「ひなまつり」ともいわれるこの節句は、女の子の節句とされ、 雛人形 ひなにんぎょうやその調度類を飾り、桃の花や白酒、菱餅などを供えて女児の健やかな成長を祈ります。
 由来は、平安時代のみそぎの行事と宮中の「 ひいな 遊び」とが混ざり、自分の汚れを託した紙人形を川に流す「流し雛」となり、さらにこの風習が室町時代に入って人形を飾るようになったという説や、みそぎの行事としてあった「流し雛」の風習が「雛遊び」と混ざり、人形を飾るようになったとの説などがあるようです。現在も「流し雛」の行事が残っている地域もあるようです。
 3月の最初の「巳の日」に行われていたこの行事は、3月3日に行われるようになり、宮中から武家社会へ、さらに庶民へと広がり、「雛祭り」として現代に受け継がれているとされます。

 雛壇に人形を飾るようになったのは江戸の中期からで、それまでは畳の上に 毛氈 もうせん を敷いて飾っていたといわれています。

 ここでは、雛人形の標準的な飾り方を、十五人揃いを例にみてみます。



 人形の名前、持ち物、調度品など(一般的な十五人揃い・七段飾りを例に)
雛人形十五人揃いの名前、持ち物、調度品など
① 屏風(びょうぶ)
②③ 雪洞(ぼんぼり)
④ 桃花酒(とうかしゅ)
⑤ 男雛(おびな)・お殿様
   親王(しんのう)・内裏雛(だいりびな)
⑥ 女雛(めびな)・お姫様
   親王(しんのう)・内裏雛(だいりびな)
⑦ 三人官女(さんにんかんじょ)
   加之銚子(くわえのちょうし)
⑧ 三人官女(さんにんかんじょ)
   三方・三宝(さんぽう)
⑨ 三人官女(さんにんかんじょ)
   長柄銚子(ながえのちょうし)
⑩⑪ 高坏(たかつき)
⑫ 五人囃子(ごにんばやし)
  太鼓(たいこ)
⑬ 五人囃子(ごにんばやし)
   大鼓(おおかわ)
⑭ 五人囃子(ごにんばやし)
  小鼓(こつづみ)
⑮ 五人囃子(ごにんばやし)
  笛(ふえ)
⑯ 五人囃子(ごにんばやし)
   謡(うたい)・扇(おうぎ)
⑰ 随身(ずいじん)
   右大臣(うだいじん)
⑱ 随身(ずいじん)
   左大臣(さだいじん)
⑲㉒ 膳(ぜん)
⑳㉑ 菱台(ひしだい)
㉓ 橘(たちばな)
㉔ 桜(さくら)
㉕ 仕丁・衛士(じちょう・えじ)
   台笠(だいがさ)もしくは、 熊手(くまで)
㉖ 仕丁・衛士(じちょう・えじ)
   沓台(くつだい)もしくは、 塵取(ちりとり)
㉗ 仕丁・衛士(じちょう・えじ)
   立傘(たてがさ)もしくは、 箒(ほうき)
㉘ 簞笥(たんす)
㉙ 長持(ながもち)
㉚ 鏡台(きょうだい)
㉛ 針箱(はりばこ)
㉜ 丸火鉢(まるひばち)
㉝ 茶道具(ちゃどうぐ)
㉞ 駕籠(かご)
㉟ 重箱(じゅうばこ)
㊱ 牛車(ぎっしゃ)・御所車(ごしょぐるま)
 最上段には、笏(しゃく)を持った衣冠束帯(いかんそくたい)の「男雛」と、十二単(じゅうにひとえ)に扇を持った「女雛」が座ります。関東では向かって左に「男雛」、右に「女雛」を飾り、京風ではその逆が一般的とされます。間に三方に乗せた「桃花酒(とうかしゅ)」が供えられます。
「三人官女」は小袖、長袴に打掛姿です。向かって左から、口を開いた立ち姿、座り姿、口を閉じた立ち姿です。
「五人囃子」は裃姿または素襖(すおう)と呼ばれる着物をつけています。 向かって左から、「太鼓(たいこ)」「大鼓(おおかわ)」「小鼓(こつづみ) 」「 笛(ふえ)」「謡(うたい)」で、「謡」は扇(おうぎ)を持ちます。
 警護の「随身(ずいしん)」は、向かって左が若武官の「右大臣(うだいじん)」、右が老武者の「左大臣(さだいじん)」です。闕腋(けってき)と呼ばれる武官用の上衣を着けています。
 従者の「仕丁(じちょう」または「衛士(えじ)」は「三人上戸」とも呼ばれ、向かって左から「怒り上戸」「泣き上戸」「笑い上戸」で、行幸の際の台笠・沓台・立傘を持つものと、御所の掃除用具の熊手・塵取・箒を持つものがあり、関東風と京風の違いとされます。左右に「左近の桜・右近の橘」と言われる桜と橘が置かれます。

 

江戸時代の雛人形 一竜斎国盛・二代目歌川国盛(安政4年・1857年) 国立国会図書館所蔵
[ 拡大 ]

 江戸時代の雛人形

 一竜斎国盛・二代目歌川国盛
 安政4年・1857年(今から )

こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索