『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 
   四十七士『辞世・享年』など 
   月岡芳年『誠忠義士銘々画伝』 
   尾形月耕『義士四十七図』 
   歌川国芳『誠忠義士伝』 
   歌川国芳『誠忠義臣名々鏡』 
   歌川国芳『誠忠義士肖像』 

『浮世絵・錦絵』などを見る

『 誠忠義士銘々画伝 』
月岡芳年つきおかよしとし
画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師、月岡芳年つきおかよしとし(1839年・天保10年 - 1892年・明治25年)の『誠忠義士銘々画伝 』です。(芳年は、別号に一魁斎いっかいさい魁斎かいさい玉桜楼ぎょくおうろう大蘇たいそなどを持つ)
  • 1869年(明治元年 - 明治2年)の作品です。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
  • このページの画像はボストン美術館が所蔵する版です。このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、ボストン美術館が公開している原画とは若干色調が違います。
大石内蔵助良雄
おおいしくらのすけよしお(よしたか)
大石主税良金
おおいしちからよしかね
原惣右衛門元辰
はらそうえもんもととき
片岡源五右衛門高房
かたおかげんごえもんたかふさ
堀部弥兵衛金丸
ほりべやへえかなまる(あきざね)
堀部安兵衛武庸
ほりべやすべえたけつね
吉田忠左衛門兼亮
よしだちゅうざえもんかねすけ
吉田沢右衛門兼貞
よしださわえもんかねさだ
近松勘六行重
ちかまつかんろくゆきしげ
間瀬久太夫正明
ませきゅうだゆうまさあき
間瀬孫九郎正辰
ませまごくろうまさとき
赤埴源蔵重賢
あかばねげんぞうしげかた
潮田又之丞高教
うしおだまたのじょうたかのり
冨森助右衛門正因
とみのもりすけえもんまさより
不破数右衛門正種
ふわかずえもんまさたね
岡野金右衛門包秀
おかのきんえもんかねひで
小野寺十内秀和
おのでらじゅうないひでかず
小野寺幸右衛門秀富
おのでらこうえもんひでとみ
木村岡右衛門貞行
きむらおかえもんさだゆき
奥田孫太夫重盛
おくだまごだゆうしげもり
奥田貞右衛門行高
おくださだえもんゆきたか
早水藤左衛門満尭
はやみとうざえもんみつたか
矢田五郎右衛門助武
やだごろうえもんすけたけ
大石瀬左衛門信清
おおいしせざえもんのぶきよ
礒貝十郎左衛門正久
いそがいじゅうろうざえもんまさひさ
間喜兵衛光延
はざまきへえみつのぶ
間重次郎光興
はざまじゅうじろうみつおき
間新六郎光風
はざましんろくろうみつかぜ
中村勘助正辰
なかむらかんすけまさとき
千馬三郎兵衛光忠
せんば(ちば)さぶろべえみつただ
菅谷半之丞政利
すがやはんのじょうまさとし
村松喜兵衛秀直
むらまつきへえひでなお
村松三太夫高直
むらまつさんだゆうたかなお
倉橋伝助武幸
くらはしでんすけたけゆき
岡嶋八十右衛門常樹
おかじまやそえもんつねしげ
大高源五忠雄
おおたかげんごただかつ(ただたけ)
矢頭右衛門七教兼
やとう(やこうべ)えもしちのりかね
勝田新左衛門武尭
かつたしんざえもんたけたか
武林唯七隆重
たけばやしただしちたかしげ
前原伊助宗房
まえばらいすけむねふさ
貝賀弥左衛門友信
かいがやざえもんとものぶ
杉野十平次次房
すぎのじゅうへいじつぎふさ
神崎与五郎則休
かんざきよごろうのりやす
三村次郎左衛門包常
みむらじろうざえもんかねつね
横川勘平宗利
よこかわかんべいむねとし
茅野和助常成
かやのわすけつねなり
寺坂吉右衛門信行
てらさかきちえもんのぶゆき
 
『誠忠義士銘々画伝』
序詞
吉良義央・吉良上野介
きらよしひさ(よしなか)・きらこうずけのすけ
浅野長矩・浅野内匠頭
あさのながのり・あさのたくみのかみ
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/12/16