『浮世絵・錦絵』 などを見る

 ここでは、様々な『浮世絵・錦絵』などを、主に国立国会図書館が所蔵し公開している画像を中心に見てみます。
浮世絵画像のご利用について
  • 浮世絵・錦絵などの画像についての二次利用のお問い合わせをいただくことがありますが、これらの画像は、主に国立国会図書館、東京都立図書館、メトロポリタン美術館、その他が所蔵するもので、当サイトが所蔵するものではありません。
  • そのため、画像のご利用に当たっては、当該所蔵館の利用規程に従っていただく必要があります。
  • 当サイトからの転用は、各館の利用規程違反になる場合がありますのでご遠慮ください。
《葛飾北斎》
『仮名手本忠臣蔵』
葛飾北斎
= 国立国会図書館 =
『仮名手本忠臣蔵』
葛飾北斎
= ボストン美術館 =
『東海道五十三次』
葛飾北斎
= ボストン美術館 =
『東海道彩色摺五拾三次』
葛飾北斎
= ボストン美術館 =
『東海道五十三次』
葛飾北斎

『琉球八景』
葛飾北斎

『富嶽三十六景』
葛飾北斎
《地図で見る》
『富嶽三十六景』
『千絵の海』
葛飾北斎
『諸国瀧廻り』
葛飾北斎
『諸国名橋』
葛飾北斎
伝神開手 一筆画譜
葛飾北斎
YouTube で 葛飾北斎
(作品数:1145点)
《歌川広重  五十三次 十作繚乱 》
 歌川広重は、生涯、20種類以上もの東海道シリーズを残したとされます。
 ここでは、その中から、最もよく知られた「保永堂板」を始め、「狂歌入東海道」「行書版」「細見図会」「隷書版」「東海道五十三対」「双筆五十三次 (広重,三代豊国)」「竪絵東海道」「人物東海道」「末広五十三次」の 10 作を宿場ごとにまとめ、『五十三次 十作繚乱』と題してそれぞれを並べて比較することができるようにしました。各画像を拡大し連続して見ることもできます。
《歌川広重、豊国、国芳、月岡芳年など》
『東海道五十三次』
= 保永堂板 =
歌川広重
『東海道五十三次』
= 佐野喜版・狂歌入 =
歌川広重
『東海道五十三次』
= 江崎屋版・行書版 =
歌川広重
『五十三次細見図会』
= 村鉄版 =
歌川広重
『東海道五十三次』
= 丸清版・隷書版 =
歌川広重
『五十三次名所図会』
= 竪絵東海道 =
歌川広重
『五十三次』
= 人物東海道 =
歌川広重
『東海道五十三対』
= 合本 =
広重・豊国・国芳
『東海名所改正五十三驛』
(東海名所改正道中記)
三代目広重
《地図で見る》
『東海道五十三次』
「保永堂板」を併載
『富士三十六景』
歌川広重
(広重没後の刊行)
『富士見百図初編』
歌川広重
(広重没後の刊行)
『末広五十三次』
広重、国貞などの合本
『名所江戸百景』
歌川広重
《地図で見る》
『名所江戸百景』
『双筆五十三次』
広重・豊国の合作
『京都名所之内』
歌川広重
『浪花名所図会』
歌川広重
『江戸近郊八景』
歌川広重
『広重魚尽』
歌川広重
『江戸名所道外尽』
歌川広景
浮世道中膝栗毛
滑稽双六
歌川広重
浮世絵師が描いた
カルタ・双六などを見る
豊国、広重など
『応挙画譜』
円山応挙

『新柳二十四時』
月岡芳年
『新形三十六怪撰』
月岡芳年
『教訓善悪小僧揃』
歌川国芳
《参考・小説》
岡本かの子
「東海道五十三次」
錦絵・歌合などに見る
中世・江戸時代の
職業・職人・風俗
『妖怪・化物』
「百鬼夜行絵巻」など

浮世絵・錦絵で見る
『外郎売・ういろううり』
浮世絵・錦絵に見る
『両国の花火』
『義士四十七図』
尾形月耕
関連ページ
 錦絵・歌合などに見る、中世、江戸時代の職業・職人・風俗  
 『妖怪・化物』を「百鬼夜行絵巻」などで見る  
 地図で見る『東海道五十三次』  
 五十三次距離一覧  
【番外】
日本風俗習慣点描 
Sketches of Japanese manners and customs 
 ※下の2枚はクリックすると拡大します。
※画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、これらの画像は、引用した国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2018/10/23