『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
《疫病除け・疫病退散》
  海彦(アマビコ・アマヒコ)   
  怪鳥(アマビコ)   
  アマビエ    
  朱描き鍾馗[一]  
  朱描き鍾馗[二]  
  朱描き鍾馗[三]  
  朱描き鍾馗[四]  
  朱描き鍾馗[五]  
  疱瘡絵・赤絵    
  疱瘡絵本・赤本    
  はしか絵(麻疹絵)  
  • 海彦(アマビコ・アマヒコ)」は、海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられています。
  • 福井県立図書館が所蔵する『越前国主記』には、江戸時代後期の天保15年(1844年) に、越後国えちごごのくに (現・佐渡島を除く新潟県)の浦辺という所の海中から現れたという時の話が残されています。
  • 越後国の浦辺で海中から出てきた海彦が「当辰年(天保15年)に日本人の七割が死ぬ。しかし私の姿を描いた絵図を見た者は死を逃れることができる」と言ったと記されています。
  • この絵では、三本足の猿の形状の妖怪です。
  • この原画は、福井県立図書館 が『越前国主記』として所蔵し公開しているもの。(画像を明るくするために、当サイトにおいて若干の色調補正を行っています)

妖怪
「海彦(アマビコ・アマヒコ)・Amabiko」
= 天保15年辰春(1844年) =
《福井県立図書館蔵 『越前国主記』より》


おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/08/06