『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
《疫病除け・疫病退散》
  海彦(アマビコ・アマヒコ)    
  怪鳥(アマビコ)   
  アマビエ    
  朱描き鍾馗[一]  
  朱描き鍾馗[二]  
  朱描き鍾馗[三]  
  朱描き鍾馗[四]  
  朱描き鍾馗[五]  
  疱瘡絵・赤絵    
  疱瘡絵本・赤本    
  はしか絵(麻疹絵)  
  • アマビコ」は、海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられています。
  • 国立国会図書館が所蔵する『広文庫こうぶんこ(大正5年・1916年)』には、江戸時代後期の天保14年(1843年) の日付の『昔日叢書せきじつそうしょ・長崎怪異書翰の写し』として、 肥後国ひごのくに の真字という所の海中から現れたという時の話が記されています。
  • 海中に住むアマビコが『これから六年の間に人間の六分が死ぬ。しかし私の姿を描いた絵を見た者は病にあわない』と言ったとされます。
  • 『広文庫』では、「怪鳥」の漢字を当てて「あまびこ」としています。絵でも、鳥のくちばしを持った姿をしています。
  • この原画は、国立国会図書館が所蔵する『廣文庫』に収載されたもの。(画像を明るくするために、当サイトにおいて若干の色調補正を行っています)

妖怪
「怪鳥・アマビコ・Amabiko」
= 天保14年(1843年)=
《国立国会図書館蔵 『廣文庫』大正5年(1916年)より》


おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/08/06