『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
《疫病除け・疫病退散》
  海彦(アマビコ・アマヒコ)    
  怪鳥(アマビコ)   
  アマビエ    
  朱描き鍾馗[一]  
  朱描き鍾馗[二]  
  朱描き鍾馗[三]  
  朱描き鍾馗[四]  
  朱描き鍾馗[五]  
  疱瘡絵・赤絵    
  疱瘡絵本・赤本    
  はしか絵(麻疹絵)  
  • 江戸時代に天然痘てんねんとう疱瘡ほうそう痘瘡とうそう )が流行した際、魔除けの色とされて来た赤色で摺った絵が出回りました。流行した疱瘡の魔除けのまじないとされたもので、これらは「疱瘡絵ほうそうえ」「赤絵あかえ 」などと呼ばれ、絵には、 鍾馗しょうき、達磨、金太郎、桃太郎、源為朝、みみずく、張り子の犬、でんでん太鼓、風車などがよく描かれたとされます。
  • ここに掲載したのは、
    歌川豊国「七変化之内 朱しやうき 関三十郎」
    歌川国貞「市川新之助はつやく相つとめ申候」「中村芝翫九変化ノ内 朱鍾馗」
    歌川国芳「金太郎の猪退治」
    葛飾北明「金太郎・達磨・源為朝」
    歌川芳鶴「源為朝」「桃太郎」
    歌川芳虎「槌とみみづく」「羽子板と手鞠」
    喜多川歌麿二代「福禄寿と唐子」
    歌川重宣「桃太郎図」
    長谷川貞信「御名残所作事七変化之内 朱鍾馗 中村歌右衛門」 の 12 作です。
  • 歌川豊国うたがわとよくに :江戸時代の浮世絵師。:明和6年〈1769年〉 - 文政8年1月7日〈1825年2月24日〉。
  • 歌川国貞うたがわくにさだ :江戸時代の浮世絵師。のちの三代目歌川豊国。:天明6年5月19日〈1786年6月15日〉 - 元治元年12月15日〈1865年1月12日〉。
  • 歌川国芳うたがわくによし :江戸時代末期の浮世絵師。寛政9年11月15日〈1798年1月1日〉 - 文久元年3月5日〈1861年4月14日〉。一勇斎国芳、彩芳舎、朝桜楼、雪谷、仙真などと号す。掲載した絵の落款には「一勇齊國芳」が使われている。
  • 葛飾北明かつしかほくめい :江戸時代の浮世絵師。葛飾北斎の門人。江戸の人で葛飾の画姓を称し、九々蜃、画狂人と号す。掲載した絵の落款には「九々蜃北鬼」が使われている。
  • 歌川芳鶴うたがわよしつる :江戸時代の浮世絵師。歌川国芳の門人。俗称は長次郎、一声斎と号す。掲載した絵の落款には「一声斎芳鶴」が使われている。
  • 歌川芳虎うたがわよしとら :江戸時代末期から明治時代中期にかけての浮世絵師。歌川国芳の門人。一猛斎、孟斎、錦朝楼などと号した。掲載した絵の落款には「一猛斎芳虎」が使われている。
  • 二代目 喜多川歌麿きたがわうたまろ:生没年不詳。江戸時代後期の戯作者、浮世絵師。
  • 歌川重宣うたがわしげのぶ (二代目歌川広重):文政9年〈1826年〉 - 明治2年9月17日〈1869年10月21日〉。江戸時代末期から明治初期にかけての浮世絵師。
  • 長谷川貞信はせがわさだのぶ :文化6年〈1809年〉11月 - 明治12年〈1879年〉3月28日。江戸時代後期から明治時代にかけて大坂で活躍した浮世絵師。
  • 【知識】世界保健機関 (WHO) は、1980年〈昭和55年〉5月8日、地球上からの天然痘根絶宣言を発した。

疱瘡絵ほうそうえ赤絵あかえ


おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/08/06