『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
《疫病除け・疫病退散》
  海彦(アマビコ・アマヒコ)    
  怪鳥(アマビコ)   
  アマビエ    
  朱描き鍾馗[一]  
  朱描き鍾馗[二]  
  朱描き鍾馗[三]  
  朱描き鍾馗[四]  
  朱描き鍾馗[五]  
  疱瘡絵・赤絵    
  疱瘡絵本・赤本    
  はしか絵(麻疹絵)  
  • 天然痘てんねんとう疱瘡ほうそう痘瘡とうそう)を防ぐとされた「朱描き鍾馗しゅがきしょうき朱鍾馗しゅしょうき赤鍾馗あかしょうき」。
  • これは、喜多川歌麿きたがわうたまろ の「五節句」で、人日じんじつ上巳じょうし端午たんご七夕しちせき重陽ちょうようの節句の様子が描かれる。
     五節句とは  
  • 五月の端午の節句ではのぼりが飾られ、その中の一つが「朱描き鍾馗しゅがきしょうき朱鍾馗しゅしょうき赤鍾馗あかしょうき」。
  • 享和3年〈1803年〉頃の作品。
  • 喜多川歌麿:江戸時代の浮世絵師。1753年〈宝暦3年〉頃? -1806年10月31日〈文化3年9月20日〉。
  • 鍾馗像は、疫病除け、厄除け、受験の神などとして信仰され、5月5日の端午の節句には幟や人形として飾る習慣があります。
  • 【知識】世界保健機関 (WHO) は、1980年〈昭和55年〉5月8日、地球上からの天然痘根絶宣言を発した。

喜多川歌麿
「五節句」より「朱描き鍾馗」
《ボストン美術館蔵》


おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/08/06