『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
   「妖怪跋扈 !!『百鬼夜行絵巻』などを見る」目次 

相馬の古内裏そうまのふるだいり
= 歌川国芳 =

画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 相馬の古内裏そうまのふるだいりは、江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳うたがわくによし によって描かれたもので、弘化2-3年(1845-46)頃 の作品。
  • 山東京伝の読本『善知安方忠義伝』に取材した作品で、源頼信の家老大宅光国と平将門の遺児で妖術を操る滝夜叉姫との対決の場面。国芳代表作の一つと評される。
  • 歌川国芳うたがわくによし:寛政9年11月15日〈1798年1月1日〉- 文久元年3月5日〉1861年4月14日〉は、江戸時代末期の浮世絵師。
  • このページでの原画は、ロサンゼルス・カウンティ美術館が所蔵し公開しているものです。

《画像ポップアップ》

相馬の古内裏そうまのふるだいり
= 歌川国芳 =

  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
[左]
[中]
[右]
《クリック拡大》

相馬の古内裏そうまのふるだいり
= 歌川国芳 =


   『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
   「妖怪跋扈 !!『百鬼夜行絵巻』などを見る」目次 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/05/05