『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

河鍋暁斎かわなべきょうさい
曲結雅画手本きょくむすびおさなえてほん
《ボストン美術館蔵》

画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 河鍋暁斎かわなべきょうさいによる「曲結雅画手本きょくむすびおさなえてほん 」です。
  • 河鍋暁斎: 天保2年4月7日〈1831年5月18日〉 - 明治22年〈1889年〉4月26日)。幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。
  • 曲結雅画手本」は、文久3年〈1863年〉の作品。落款は、 惺々周麿 せいせいちかまろ
  • 独楽こま 回しの紐を使ったひも絵で、基本的に紐一本で人間・動物・事物などを一筆描きした一筆絵(書)。
  • 中には、軽業の絵のように人物と綱を二本の紐で表わしたものもある。1枚ごとに、独楽で遊ぶ子どもやひも絵を作る子どもが描かれている。
  • 独楽の紐の一方の端は、紐が手から外れないように太くなっているが、それが絵として効果を生んでいる。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24