『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • 落合芳幾おちあいよしいく見たて似たかきん魚」です。
  • 落合芳幾(天保4年〈1833年〉- 明治37年〈1904年〉2月6日)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師。
  • 落款は、一恵斎芳幾戯画となっています。
  • 金魚や鯉の体に人間の顔。“人面魚”とでもいうのでしょうか。顔は人気歌舞伎役者の似顔、体の模様は役者の紋になっています。
  • この金魚の他にも、亀に人間の顔を付けた「亀のたわむれ   」も残しています。
  • 文久三年〈1863年〉の作品とされます。
  • ボストン美術館所蔵。
  • これは実際には三枚揃のようですが、ボストン美術館にはこの二枚が所蔵されています。
  • 標題の「似たかきん魚」は、金魚売りの「めだかァー、きんぎょォー」の呼び声のもじりか。

「見たて似たかきん魚」
= 落合芳幾 =

  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24