『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

琉球八景りゅうきゅうはっけい
= 葛飾北斎 =

  • これは、葛飾北斎かつしかほくさい (宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)の『琉球八景』で、制作されたのは天保3年・1832年頃とされます。
  • 琉球の景勝地を描いたものですが、 北斎は実際に琉球を訪れた訳ではなく、宝暦6年・1756年に来琉した中国の 冊封使さくほうし周煌しゅうこうが著した琉球の見聞録『琉球国志略』の挿絵「球陽八景」を元に描き、想像で着色したものと言われています。描かれているのは実在した場所ですが、元絵にはない舟や人物も描き加えられており、琉球にはない雪や富士山のような山が描かれたものもあります。
  • 『琉球国志略』は、1757年に周煌が皇帝に献上した報告書で、天保2年・1831年に徳川幕府によって和刻本の6冊本として刊行され、北斎はその翌年にこれを参考にして『琉球八景』を描いたことになります。
  •  琉球大学附属所蔵図書館所蔵の『琉球国志略』(32から39ページ目) 

  • このページの原画は、メトロポリタン美術館が所蔵し公開しているものです。
『琉球八景』
= 葛飾北斎 =
  • ここでは、「琉球八景」の8枚の画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。
《詳細ページ目次》
『琉球八景』
= 葛飾北斎 =

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/05/21