『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

紫源氏蚕養道むらさきげんじかいこやしないのみち
歌川国輝うたがわくにてる二代
  • 紫源氏蚕養道むらさきげんじかいこやしないのみち」は、歌川国輝うたがわくにてる 二代による養蚕を描いた揃物。
  • 歌川国輝うたがわくにてる 二代は、江戸時代末期から明治時代はじめにかけての浮世絵師(天保元年〈1830年〉 - 明治7年〈1874年〉12月15日))。
  • ボストン美術館所蔵。
  • ボストン美術館によれば、1865年 (元治2年 - 慶応元年)年の刊行。
  • 蚕(カイコ)を飼い、繭から生糸(絹)を作る養蚕業に勤しむ女性たちの姿は、この絵の他に、1772年頃に勝川春章・北尾重政によって「かゐこやしなひ草」が、そのおよそ30年後の1798年頃には喜多川歌麿によって「 女織蚕手業草じょしょくかいこてわざぐさ 」が書かれ、また、歌川重宣(広重二代)、玉川舟調、菊川英山、歌川貞秀、歌川芳員、歌川芳藤、楊洲周延らによっても題材とされている。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
歌川国輝うたがわくにてる二代《 紫源氏蚕養道むらさきげんじかいこやしないのみち 》
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/06