『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

江戸名所図会えどめいしょずえ
= 国立国会図書館へのリンク目次・索引 =

  • 江戸名所図会えどめいしょずえ 』 は、全7巻、20冊からなる絵入りの江戸の地誌。江戸名所の集大成と評される。
  • 斎藤幸雄さいとうゆきお長秋ちょうしゅう )が、寛政年間の江戸府内などの実地調査をして原稿を執筆したが刊行出来ず、その子 幸孝ゆきたか莞斎かんさい)、孫の幸成ゆきしげ月岑げっしん)へと引き継がれ三十余年の時を経て三代で完成。第一巻から第三巻までの 10冊は天保5年〈1834年〉に、第四巻から第七巻までの 10冊は天保7年〈1836年〉に刊行された。
  • 寛政から天保に至る、江戸およびその近郊の町・神社・仏閣・名勝地・旧跡・橋・風俗などを多数の絵とともに説明。丁数で 1,160余、ページ数で 2,300余にのぼる大作。
  • 月岑げっしんは『附言』で次のように記す。
    この書は祖父が寛政中の編にして、父県麻呂あがたまろ刪補さんぽ、文化の末に至りてなり、文政の今に至りて上梓の功を終りぬ。凡そ年序を経る事三十有余年、江都蕃昌はんじょうしたがひて、神社寺院、境地沿革するものすこぶる多し。一向の小祠も須臾しゅゆに壮麗たる大社となり、わづかの草庵も巍然ぎぜんたる荘厳となれるもの少なからず。或いは祝融しゅくゆうわざわいかかりて楼門回廊を焼失し、礎石のみ存するの類、興廃枚挙すべからず。しかりといへども時々是を改むる事あたはず。故に今時のていたがへるもの多し。見るものいぶかる事なかれ。
    斎藤月岑識

    [注]
    斎藤長秋さいとうちょうしゅう :1737〈元文2〉年 - 1799〈寛政11〉年(長秋が没した寛政11年は、)。 斎藤莞斎さいとうかんさい :1772〈安永元〉年 - 1818〈文化15〉年。 斎藤月岑さいとうげっしん :1804〈文化元〉年 - 1878〈明治11〉年。寛政:1789年 - 1801年。文化:1804年 - 1818年。文政:1818年 - 1831年。 刪補さんぽ: 取り去ったり付け足したりすること。年序:年数。沿革:漸次にうつり変わる。一向の小祠:まったく小さな祠。須臾しゅゆ:わずかの時間。巍然ぎぜん:際立っているさま。祝融しゅくゆうわざわ:火災。火事の災難のこと。
  • 絵は長谷川雪旦はせがわせったん(安永7年〈1778年〉- 天保14年1月28日〈1843年2月26日〉)。挿画はその多くが鳥瞰図の技法で描かれる。
  • 寛政から天保に至る、江戸およびその近郊の町・神社・仏閣・名勝地・旧跡・橋・風俗などを多数の絵とともに説明。丁数で 1,160余、ページ数で 2,300余にのぼる大作。
  • ここでは、国立国会図書館デジタルコレクションが公開するデータへのリンクを設け、国立国会図書館の該当するページを直接開けるようにした。ここでリンクした全7巻のトップページ  
  • また、各ページからは、『江戸名所図会』に掲載された図版のうち、765図を直接閲覧できるようにした。

  • ここでの目次内の各巻の地名は、第十冊目の刊記・版元表記による。

  • 国立国会図書館での「江戸名所図会」に関する所蔵版は、ここで紹介する版と同年に刊行された別の版の他に、大正、昭和に活版印刷で出版された版が認められる。大正、昭和の版は文字を翻刻して印刷してありくずし字を読むことができる。
『江戸名所図会』から、1,100 を超す地点を地図上に表示するページを用意した。
 地図で見る『江戸名所図会』 
『江戸名所図会』から、続き絵をパノラマ画像に。
 パノラマ画像で見る『江戸名所図会』 
『江戸名所図会』から、五百羅漢と称される僧の名前を一覧にした。
『江戸名所図会』に見る「五百羅漢」 
   参考文献     

 巻之一   天枢之部てんすうのぶ   

第1冊・第2冊・第3
日本橋|本町通|神田|小川町|飯田町|両国|霊岸島|八丁堀|築地鉄砲州|芝口|愛宕下|西久保|赤羽根|三田|魚籃|白銀|芝浦

〔個別ページ目次〕
 第 1 冊 
 第 2 冊 
 第 3 冊 

 巻之二   天璇之部てんせんのぶ   

第4冊・第5冊・第6冊
品川駅|大井|鈴ヶ森|池上|矢口|大森|蒲田八幡|六郷|川崎|鶴見|生麦|神奈川|本牧|程ヶ谷|杉田|金沢

〔個別ページ目次〕
 第 4 冊 
 第 5 冊 
 第 6 冊 

 巻之三   天璣之部てんきのぶ   

第7冊・第8冊・第9冊・第10冊
外桜田|霞関|永田馬場|平川|溜池|麻布|広尾|青山|目黒|碑文谷|北沢|世田ヶ谷|渋谷|四谷|千駄ヶ谷|代々木|高井戸|武蔵野|府中|玉川|向ノ岡

〔個別ページ目次〕
 第 7 冊 
 第 8 冊 
 第 9 冊 
 第 10 冊 

 巻之四   天権之部てんけんのぶ   

 第11冊・第12冊・第13冊
市谷|牛込|小石川|大窪|柏木|成子|堀之内|中野|小金井|築土|高田|大塚|雑司ヶ谷|巣鴨|板橋|練馬|大宮|野火留

〔個別ページ目次〕
 第 11 冊 
 第 12 冊 
 第 13 冊 

 巻之五   玉衡之部ぎょくこうのぶ   

第14冊・第15冊
湯島|上野|日暮里|根津|谷中|三崎|駒込|王子|川口|豊島

〔個別ページ目次〕
 第 14 冊 
 第 15 冊 

 巻之六   開陽之部かいようのぶ   

第16冊・第17冊
浅草|下谷|根岸|山谷|橋場|千住|西新井

〔個別ページ目次〕
 第 16 冊 
 第 17 冊 

 巻之七   揺光之部ようこうのぶ   

第18冊・第19冊・第20冊
深川|本所|亀戸|押上|柳島|隅田川|木下川|松戸|行徳|国府台|八幡|船橋

〔個別ページ目次〕
 第 18 冊 
 第 19 冊 
 第 20 冊 
『江戸名所図会』から、1,100 を超す地点を地図上に表示するページを用意した。
  地図で見る『江戸名所図会』  
『江戸名所図会』から、続き絵をパノラマ画像に。
 パノラマ画像で見る『江戸名所図会』 
『江戸名所図会』から、五百羅漢と称される僧の名前を一覧にした。
『江戸名所図会』に見る「五百羅漢」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2022/11/23