『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

葛飾北斎かつしかほくさい富嶽百景ふがくひゃっけい
(スミソニアン協会図書館蔵)
Fugaku hyakkei / Katsushika Hokusai
  • 富嶽百景/富岳百景』は、葛飾北斎かつしかほくさい(宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)による天保5年・1834年 から刊行された作品で、「初編」「二編」「三編」の全三巻からなる絵本です。北斎70歳代半ばの作品です。
  • 単に富士山の姿だけではなく、当時の文化・風俗をも知ることができる作品です。
  • 余談ですが、北斎の死から10年ほど後に「富士見百図」を描いた歌川広重(初代)は、その序文に『(北斎は、翁が例の筆才にて「富嶽百景」を顕したが)絵組のおもしろきを専らとし、不二は其あしらひにいたるもの多し』と、北斎の富士は脇役であることが多いと評し、これに対して自分は『まのあたりに眺望せしを(略)図取は全く写真の風景にして』と、北斎と違ってより写実的な富士を描いたとしています。(歌川広重・富士見百図  
  • 原画はスミソニアン協会図書館によります。このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、引用した原画とは色調が若干違う場合があります。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 「詳細ページへ 」をクリックすると各作品のページが開きます。
《 富嶽百景 初編 / Fugaku hyakkei v. 1 》
《 富嶽百景 二編 / Fugaku hyakkei v. 2 》
《 富嶽百景 三編 / Fugaku hyakkei v. 3 》

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/05/21