『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

『 国史大辞典 』
「插絵及年表」より「附図」
= 萩野由之/監修 =
  • 国史大辞典こくしだいじてんは、1908年〈明治41年〉に吉川弘文館から刊行された日本で最初の本格的な日本史辞典。編者は、八代国治・早川純三郎・井野辺茂雄。
  • 初版は本文2,400ページと230ページの年表及び46葉の参考附図からなる別冊で構成された。
  • 明治維新以後の「現代史」については扱わなかったものの、こうした辞典は日本で最初であったために、当時としては画期的であり、版を重ねた。このため、1925年〈大正14年〉に大増訂版が刊行され、昭和に入ると小型の6冊からなる分冊版が出されるなど、当時の日本においては事実上唯一のものであった。(Wikipedia  
    「国史大辞典・本編」(国立国会図書館  )
    「国史大辞典・插絵及年表」(国立国会図書館  )
  • ここでは、ニューヨーク公共図書館が所蔵する1908年〈明治41年〉版と、国立国会図書館が所蔵する1927年〈昭和2年〉版で附図とされる挿絵について見てみる。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
《 『国史大辞典』より附図 》
ニューヨーク公共図書館所蔵(1908年〈明治41年〉版)
《 『国史大辞典』より附図 》
国立国会図書館所蔵(1927年〈昭和2年〉版)
「国史大辞典. 附図」(国立国会図書館)  
 *ここでは図面類は省略しました。
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/11/13