『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • 喜多川歌麿きたがわうたまろが描いた「娘日時計むすめひどけい」。
  • 辰の刻たつのこく」(午前8時頃)から「申の刻さるのこく」(午後4時頃)の間の、日中の2時間ごとの江戸の若い女性の生活の場面を描いたもの。
  • 寛政6年〈1794年〉- 寛政7年〈1795年〉 の頃の作品とされる。
  • 喜多川歌麿:江戸時代の浮世絵師。宝暦3年〈1753年頃?〉- 文化3年〈1806年〉。
  • 国立博物館所蔵。

「娘日時計」
= 喜多川歌麿 =

  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/25