『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  『歌川広重・東海道五十三次』 - 保永堂板 
  PCサイズ最適化版 
『東海道五十三次』佐野喜版・狂歌東海道  
『東海道五十三次』行書版  
『東海道五十三次』隷書版  
『改正五十三驛』三代歌川広重  
地図で見る『東海道五十三次』  

『浮世絵・錦絵』 などを見る

歌川広重うたがわひろしげ東海道とうかいどう五十三次ごじゅうさんつぎ
『歌川広重・東海道五十三次』 保永堂板
= 天保4年・1833年 〜 天保5年・1834年 =
(国立国会図書館所蔵)
  • この『東海道五十三次』(東海道五拾三次)は、浮世絵師 歌川広重(うたがわひろしげ) が描いたもので、江戸時代の天保4年・1833年から天保5年・1834年に掛けて描かれたとされます。(天保4年は
  • ここに掲載した画像は「保永堂板」と言われるもので、国立国会図書館が所蔵する、大正8年・1919年に岩波書店から刊行された『東海道五十三駅風景続画』が原画です。
  • 『東海道五十三駅風景続画』は、「五十三次」の53枚の錦絵に、出立点の「日本橋」と到着地点の「京都・三条大橋」を加えた55枚と、「後版」と呼ばれる初版を基に構図などを変えたものが5枚加えられて、60枚で構成されています。
  • こちらから、全画像を連続して見ることができます。
    全画像連続表示  
『歌川広重・東海道五拾三次之内』
= 保永堂板 =
(大正8年・1919年 岩波書店刊「東海道五十三駅風景続画」より)
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • マウスや画面タッチで、画像をスライドさせたり、拡大させたりすることができます。
全画像連続表示  
   『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2018/12/05