地図で見る『東海道五十三次』
距離・尺貫法表示版
歌川広重『東海道五拾三次』を併載

  • 下の地名か地図上のマーカーをクリックすると、その場所が中心に表示されます。吹き出しの中に表示される絵は拡大して見ることが出来ます。
  • 表示される歌川広重の絵の原画は、国立国会図書館が所蔵する、大正8年・1919年に岩波書店から刊行された『東海道五十三駅風景続画』によるものです。
  • 初版を基に構図などを変えた「後版」と呼ばれる絵も併せて表示される地点があります。

 
  • 吹き出しに表示される距離は、江戸幕府の道中奉行所が五街道などを調査した記録の「宿村大概帳(しゅくそんたいがいちょう)」によります。
  • 「宿村大概帳」には、人口、戸数、旅籠の数、道路の広さ、産業など多岐に亘るデータが記載されています。
  • 「宿村大概帳」には、距離については「江戸 拾弐里半 戸塚 弐里 藤沢 三里半」などと書かれています。
  • ここでは、「宿村大概帳」に表記された尺貫法での距離を、そのまま新字新仮名遣いに変更して掲載しました。
  • メートル法にする場合は、1里は3.92727km、1里は36町、1町は0.10909km、1間は0.001818kmとして換算することが出来ます。
  • メートル法に換算したページを別に用意しました
  • 「宿村大概帳」に記載された距離は現代の実測値とは違いがある箇所もあるようですので、参考としてご覧ください。
  • 実測値を掲載した書籍が出版されています。歩く際に便利なように、現在の町名やコンビニ、トイレ、宿泊施設なども載っています。
    •  

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2017/11/21