『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

歌川広重・六十余州名所図会

  • 六十余州名所図会ろくじゅうよしゅうめいしょずえ』は、浮世絵師 一立齋廣重 いちりゅうさいひろしげ 歌川広重 ( うたがわひろしげ ) 一世)(寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日))が日本全国の名所を描いた浮世絵木版画の連作です。
  • 1853年(嘉永6年)から1856年(安政3年)にかけての広重晩年の作で、五畿七道の68か国及び江戸からそれぞれ1枚ずつの名所絵69作に、目録1枚を加えた全70枚からなります。
  • 目録には「大日本六十余州名勝図会」と記されています。
  • ここでの原画は国立国会図書館によります。
  • 画像をクリックすると拡大します。
  • 拡大した画面右上の「▶」のボタンをクリックすると、全画像を連続して見ることができます。
  • 画像の下の 文字をクリック  すると、それぞれの個別ページが開きます。
 五畿内  
 東海道  
 東山道  
 北陸道  
 山陰道  
 山陽道  
 南海道  
 西海道  
 全画像連続表示  
 地図で見る『六十余州名所図会』 
 《参考》江戸時代の令制国が分かる地図  
《 目録 》
《 五畿内ごきない 》
《 東海道とうかいどう 》
《 東山道とうさんどう 》
《 北陸道ほくりくどう 》
《 山陰道さんいんどう 》
《 山陽道さんようどう 》
《 南海道なんかいどう 》
《 西海道さいかいどう 》
全画像連続表示  
 地図で見る『六十余州名所図会』 
   『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 
《 六十余州名所図会に関する書籍 》

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/11/21