『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

『 国芳もやう正札附現金男くによしもようしょうふだつきげんきんおとこ 』
歌川国芳うたがわくによし
画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 幕末から明治にかけての浮世絵師、歌川国芳うたがわくによし (1835年・天保6年 - 1900年・明治33年)の国芳模様正札附現金男くによしもようしょうふだつきげんきんおとこ 』(国芳もやう正札附現金男)
  • 1854年・弘化2年頃に出版された大判錦絵で、十人の任侠にんきょうを描いたシリーズ。
  • 国芳は猫好きといわれ、「野晒悟助のざらしごすけ 」では着物の柄が髑髏どくろ模様で、猫が集まった寄せ絵となっている。また、鼻緒の切れた下駄も髑髏模様に見える。「野晒のざらし」は野辺にさらされた人の頭蓋骨のこと。
  • ここでの画像はアムステルダム美術館が所蔵する版。アムステルダム美術館では「唐犬権兵衛」の一図を欠く。
  • 画像の利用には申請が必要です。このページからの転載はご遠慮ください。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/01/09