『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • 浮世絵のジャンルのひとつに「寄せ絵」や「だまし絵」などと呼ばれるものがあります。人物や動物を寄せて人の顔や字を描いたり、絵の中に何かを隠していたりするトリックアートです。「遊び絵」という括り方もされます。
  • この絵は、歌川芳藤うたがわよしふじが描いた「からの子がよりかたまって人になる」。
  • たくさんの子どもが集まって顔や髪の毛、着物の柄などになっている。全部で何人いるのだろうか。
  • 弘化四年〈1847年〉- 嘉永元年〈1848年〉頃の作品とされます。
  • 歌川芳藤:江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師。(文政11年〈1828年〉 - 明治20年〈1887年〉)。

「からの子がよりかたまって人になる」
= 歌川芳藤 =

  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24