『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • 浮世絵のジャンルのひとつに「寄せ絵」や「だまし絵」などと呼ばれるものがあります。人物や動物を寄せて人の顔や字を描いたり、絵の中に何かを隠していたりするトリックアートです。「遊び絵」という括り方もされます。
  • この絵は、月岡芳年つきおか よしとしが描いた「東京自慢十二ヶ月・六月 入谷の朝皃 新ばし 福助」。
  • こ絵では着物の柄が全て猫が集まった寄せ絵で、二本足で立つ「猫又」と思われる猫も描き、何やら楽しそう。
  • 明治13年〈1880年〉の作品。
  • 月岡芳年:江戸時代末期から明治中期にかけて活動した浮世絵師。1839年4月30日〈天保10年3月17日〉- 1892年〈明治25年〉6月9日。歌川国芳に師事した。画号は、一魁斎芳年いっかいさい よしとし魁斎かいさい玉桜楼ぎょくおうろう咀華亭そかてい、子英、そして最後に大蘇芳年たいそ よしとしを用いた。

「東京自慢十二ヶ月」
六月 入谷の朝皃 新ばし 福助
= 月岡芳年 =

 月岡芳年「東京自慢十二ヶ月」の猫柄 

《 東京自慢十二ヶ月 》
六月 入谷の朝皃 新ばし 福助
[国立国会図書館蔵]
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24