『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』 などを見る

歌川広重と三代豊国(歌川国貞)の合作『双筆五十三次そうひつごじゅうさんつぎ

《画像スライド》

歌川広重と三代豊国(歌川国貞)の合作『双筆五十三次』
= 安政元年・1854年 =
(国立国会図書館所蔵)
  • この『双筆五十三次』は、当代人気浮世絵師の歌川広重と三代豊国(歌川国貞)の合作で、広重が絵の上部に東海道五十三次の宿ごとの風景を描き、その下に各宿駅に関係のある人物を三代豊国が描いたもの。江戸時代の安政元年・1854年の作。
  • 嘉永6年・1853年刊の、江戸の人物や名物の位置付けをした『江戸寿那古細撰記えどすなごさいせんき 』に「豊国にかほ(似顔絵)、国芳むしや(武者絵)、広重めいしよ(名所絵)」と見られ、二人の人気の程が分かる。
  • 広重と三代豊国の合作は他に、「双筆七湯廻」「当盛六花撰」「当盛十花撰」「観音霊験記 西国巡礼」「江戸自慢三十六興」などがある。
  • ここでは、「双筆五十三次」の56枚の画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。
  • このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、引用した国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。

《画像ポップアップ》

歌川広重と三代豊国(歌川国貞)の合作『双筆五十三次』
= 安政元年・1854年 =
(国立国会図書館所蔵)
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • マウスや画面タッチで、画像をスライドさせたり、拡大させたりすることができます。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2018/07/08