『浮世絵・錦絵』を見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

「広重原図」と摺り物
画像ポップアップ 
全画像スライド 
 江戸時代の浮世絵師、 歌川広重 うたがわひろしげ (寛政9年〈1797年〉- 安政5年9月6日〈1858年10月12日〉)の、東海道五十三次の下図とされる図が国会図書館に『広重原図』として保存され公開されている。
 9 図あり、それぞれに幕末の戯作者で合巻作者の 柳下亭種員りゅうかていたねかず(文化4年〈1807年〉- 安政5年〈1858年〉)の印記がある。
 ここでは、それぞれの図が完成したどの図に当たるのかを調べ、国立国会図書館所蔵版を利用して対比させる形で掲載した。
 9 図のうち 7 図は「竪絵東海道」と呼ばれる『五十三次名所図会』であり、2 図は『名所江戸百景』であることが分かった。なお、「広重原図」には、表題が書かれていないものがあるが、ここでは便宜上完成した図を参考に記した。
※画像をクリックすると拡大します。
(色刷りの図は、明るくするために当サイト独自の色彩補正を加えている)
《 歌川広重に関する書籍 》

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/02/03