『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
《正岡子規》
  菓物帖    
  草花帖    
  随筆「病牀六尺」を読む    

『浮世絵・錦絵』などを見る

正岡子規「草花帖」
  • 正岡子規は、没年の明治35年〈1902年〉 の8月1日から20日までの間に、「草花帖」として画帖に草花17図を描いた。
  • 題簽だいせん、序文は子規の自筆。箱書は弟子の寒川鼠骨さむかわそこつ(1875-1954)による。
  • 子規は、この「草花帖」での朝顔の花を描いた1か月後の9月19日に、34歳11ヶ月の人生を閉じた。子規は、序文で次のように記している。
  • 泣いて言う
    写生はすべて枕に頭つけたままやるものと思え
    写生は多くモルヒネを飲みてのちやるものと思え
  • この画帖は、友人の画家 中村不折なかむらふせつ (1866-1943)から贈られたもの。そのことについて序文で述べている。
  • この帖は不折子よりあずかりたりと思う しかしこの頃の病苦にては人の書画帖などへ物書くべき勇気さらになし よってこの帖をもらい受くるものなり(略)不折子欧州より帰り来るとも余の病牀よりこの唯一の楽み(すなわちこの写生帖)を奪い去ることなからんを望む
  • 花を描いた時のことは、子規の随筆『 病牀六尺びょうしょうろくしゃく 』にも記されている。(青空文庫「病牀六尺」  
  • 病牀六尺」(八月四日記)『このごろはモルヒネを飲んでから写生をやるのが何よりの楽しみとなつて居る。けふは相変らずの雨天に頭がもやもやしてたまらん。朝はモルヒネを飲んで 蝦夷菊えぞぎくを写生した。一つの花は非常な失敗であつたが、次に画いた花はやや成功してうれしかつた。』
  • 病牀六尺」(八月二十三日)『○今日は水曜日である。朝から空はれたと見えて病床に寝て居つても暑さを感ずる。例に依つて草花の写生をしたいと思ふのであるが、今一つで草花帖を完結する処であるから何か力のあるものを画きたい、それには朝顔の花がよからうと思ふたが、生憎あいにく今年は朝顔を庭に植ゑなかつたといふので仕方がないから隣の朝顔の盆栽を借りにつた。ところが何と間違へたか朝顔の花を二輪ばかりちぎつて貰ふて来た。それでは何の役にも立たぬので独り腹立てて居ると隣の主人が来られてしばらくぶりの面会であるので、余は麻痺剤を服してから色々の話をした。正午頃に主人は帰られたが、その命令と見えて幼き娘たちは朝顔の鉢を持つて来てくれられた。』
  • 子規は、この「草花帖」のほかに「 菓物帖くだものちょう」を6月27日から8月6日までの間に描いている。
  • 正岡子規まさおかしき :1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)。日本の俳人、歌人、国語学研究家。(Wikipedia  
  • 画像:国立国会図書館所蔵
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
正岡子規「草花帖」箱
箱書は弟子の寒川鼠骨(さむかわそこつ)筆
正岡子規「草花帖」表紙・背表紙
此帖ハ不折子ヨリアヅカリタリト思フ 併シ此頃ノ病苦ニテハ人ノ書画帖ナドヘ物書クベキ勇気更ニナシ 因ツテ此帖ヲモラヒ受クル者ナリ 若シ自分ノモノトシテ之 ニ写生スルトキハ快極リナシ 又其写生帖を毎朝毎晩手ニ取リテ開キ見ル事何ヨリノ楽ミナリ 不折子欧州ヨリ帰リ来ルトモ余ノ病牀ヨリ此唯一ノ楽ミ(即チ此写生帖) ヲ奪ヒ去ル事ナカランヲ望ム
 明治卅五年八月一日 病子規
泣イテ言フ
写生ハ総テ枕ニ頭ツケタマゝヤル者ト思ヘ
写生ハ多クモルヒネヲ飲ミテ後ヤル者ト思ヘ

この帖は不折子よりあずかりたりと思う しかしこの頃の病苦にては人の書画帖などへ物書くべき勇気さらになし よってこの帖をもらい受くるものなり もし自分のものとしてこれに写生するときは快極りなし またその写生帖を毎朝毎晩手に取りて開き見ること何よりの楽みなり 不折子欧州より帰り来るとも余の病牀よりこの唯一の楽み(すなわちこの写生帖)を奪い去ることなからんを望む
 明治三十五年八月一日 病子規
泣いて言う
写生はすべて枕に頭つけたままやるものと思え
写生は多くモルヒネを飲みてのちやるものと思え
明治卅五年 八月一日 
秋海棠 シウカイダウ
同日 金蓮花 ノウゼンハレン
牻牛児科(ゲンノショーゴ科)
熊坂といふ謡きゝていと面白かりければ
ぬす人の昼も出るてふ夏野哉
みじか夜や金商人の高いびき
夏草や吉次をねらふ小ぬす人
八月二日 
日日草 ニチニチサウ
 八月三日 
なでしこ 瞿麦 花売の爺ハ之ヲとこなつトイフ
八月四日
翠菊 エゾギク 伊予松山ニテハ江戸菊又ハ「タイメンギク」トイフ
又「タイミンギク」(大明菊カ)トモイフ 仙台辺ニテハ朝鮮菊トイフトゾ
同日夕刻 石竹 セキチク
八月十日午後 此日衆議院議員総選挙
野菊 ノギク 庭前ニ咲キアリシ一枝ナリトテ折リ来リシモノ
八月十一日朝
桔梗 盆栽の上部を写す
八月十二日朝
カハラナデシコ
八月十六日 天竺牡丹
八月十七日午後
ロベリア Lobelia
(山梗葉科 サハギキヤウ科)
八月十八日朝  
庭前ノ土クレヲ取り写生ス
《正岡子規》
  菓物帖    
  草花帖    
  随筆「病牀六尺」を読む    
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/04/24