『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • 浮世絵のジャンルのひとつに「寄せ絵」や「だまし絵」などと呼ばれるものがあります。人物や動物を寄せて人の顔や字を描いたり、絵の中に何かを隠していたりするトリックアートです。「遊び絵」という括り方もされます。
  • この絵は、無類の猫好きであったとされる、 歌川国芳うたがわくによしが描いた「「国芳もやう正札附現金男・野晒悟助のざらしごすけ」。
  • こ絵では着物の柄が 髑髏どくろ模様で、猫が集まった寄せ絵となっています。また、鼻緒の切れた下駄も髑髏模様に見えます。(「 野晒のざらし 」は野辺にさらされた人の頭蓋骨のこと)。
  • 弘化2年〈1845年〉頃の作品とされます。
  • 歌川国芳:江戸時代末期の浮世絵師。寛政9年11月15日〈1798年1月1日〉 - 文久元年3月5日〈1861年4月14日〉。一勇斎国芳、彩芳舎、朝桜楼、雪谷、仙真などと号す。こ絵の落款には「一勇齊國芳」が使われている。

「国芳もやう正札附現金男」
野晒悟助のざらしごすけ
= 歌川国芳 =

 歌川国芳/国芳もやう正札附現金男「野晒悟助」の猫柄 

《 国芳もやう正札附現金男 》
野晒悟助(のざらしごすけ)
[ボストン美術館蔵]
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24