『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • 浮世絵のジャンルのひとつに「寄せ絵」や「だまし絵」などと呼ばれるものがあります。人物や動物を寄せて人の顔や字を描いたり、絵の中に何かを隠していたりするトリックアートです。「遊び絵」という括り方もされます。
  • この絵は、歌川貞景うたがわさだかげ が描いた、「 五子十童図ごしじゅうどうのず 」で、五人の子どもが十人に見えるという図。
  • 此図このず古今ここんなき にて、子供五人の かしら にて四方より見れば十人に なる なり」 と書かれている。
  • 落款に「貞景模」とあるため、模写と思われる。
  • 歌川貞景:江戸時代後期の浮世絵師。生没年不詳。文政 - 天保(1818-44)頃の人。
  • この絵の落款は、五湖亭貞景。
  • ボストン美術館所蔵。

五子十童図ごしじゅうどうのず
= 歌川貞景 =

  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24