『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

歌川国芳
其のまま地口そのままじぐち猫飼好五十三疋みょうかいこうごじゅうさんびき
画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 無類の猫好きであったとされる、江戸時代末期の浮世絵師、 歌川国芳うたがわくによし (寛政9年・1798年 - 文久元年・1861年)の、猫を題材にした一枚で、「其のまま地口そのままじぐち猫飼好五十三疋みょうかいこうごじゅうさんびき 」。嘉永元年・1848年の作品。
  • 江戸日本橋から京までの、「東海道五十三次とうかいどうごじゅうさんつぎ 」の各宿場の名称をもじった駄洒落と、猫の様々な仕草や表情などによる絵解き。
  • 「其のまゝ地口じぐち」の、地口は、言葉遊びの一種で語呂ごろ合わせのこと。
  • 三島や亀山には、二本足で立つ「 猫又ねこまた」と思われる猫も描き、何やら楽しそう。
  • 画像は、Wkipedia を利用した。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
 歌川国芳『其のまま地口そのままじぐち猫飼好五十三疋みょうかいこうごじゅうさんびき

三枚続き全図
「猫飼好五十三疋」より、猫の五十五態 
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/03/05