『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

『 荷宝蔵壁のむだ書にたからぐらかべのむだがき 』
歌川国芳うたがわくによし
画像ポップアップ 
全画像スライド 
  • 江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳うたがわくによし(寛政9年・1798年 - 文久元年・1861年)の荷宝蔵壁のむだ書にたからぐらかべのむだがき
  • 弘化4年・1847年の刊行。
  • 土蔵の外壁のいたずら書きを装った役者絵で、絵の中の文字や、芳桐印、版元印まで拙い手書き風としている。
  • 「荷宝蔵」は「似たから」に掛けている。
  • このページの [一] から [三] までは、「 腰壁こしかべ」と呼ばれる壁の下半分の板張り部分が黄色い「黄腰壁きこしかべ 」で、[四] [五] は、黒い「 黒腰壁くろこしかべ」として描かれている。
  • 串団子、手拭いをかぶって踊る猫の姿、相合い傘なども描かれている。
  • [一] から [四] までは国立国会図書館が所蔵する版、及びアムステルダム美術館が所蔵する版、[五] は都立中央図書館特別文庫室が所蔵する版、及びアムステルダム美術館が所蔵する版です。画像の無断での複製、二次使用はできません。
  • 荷宝蔵壁のむだ書」と似た作品に「白面笑壁のむだ書」があります。
    「白面笑壁のむだ書」を見る 
  • 役者名は「東京都立中央図書館 TOKYOアーカイブ」による。「早稲田大学 浮世絵データベース」にも役者名が見られるが、両者には若干の違いがある。
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
  • 国立国会図書館所蔵の画像は、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは若干色調が違います。
《 荷宝蔵壁のむだ書にたからぐらかべのむだがき・歌川国芳 》
[一]
坂東佐十郎、尾上菊次郎二代、中村鶴蔵、関歌助、沢村宇十郎二代、中村翫右衛門、市川箱右衛門、市川広五郎、片岡虎五郎
[国立国会図書館蔵]
[一]
坂東佐十郎、尾上菊次郎二代、中村鶴蔵、関歌助、沢村宇十郎二代、中村翫右衛門、市川箱右衛門、市川広五郎、片岡虎五郎
[アムステルダム美術館蔵]
[二]
中村歌右衛門四代、松本幸四郎六代、市村羽左衛門十二代、<?>、市川新車、宇十郎
[国立国会図書館蔵]
[二]
中村歌右衛門四代、松本幸四郎六代、市村羽左衛門十二代、<?>、市川新車、宇十郎
[アムステルダム美術館蔵]
[二]
中村歌右衛門四代、松本幸四郎六代、市村羽左衛門十二代、<?>、市川新車、宇十郎
[アムステルダム美術館蔵]
[二]
中村歌右衛門四代、松本幸四郎六代、市村羽左衛門十二代、<?>、市川新車、宇十郎
[アムステルダム美術館蔵]
[三]
沢村宗十郎五代、関三十郎三代、尾上梅幸四代、小佐川常世四代、中山現十郎、大谷広右衛門五代
[国立国会図書館蔵]
[三]
沢村宗十郎五代、関三十郎三代、尾上梅幸四代、小佐川常世四代、中山現十郎、大谷広右衛門五代
[アムステルダム美術館蔵]
[四]
市川団十郎八代、市川九蔵二代、岩井粂三郎三代、中山文五郎二代、<?>、尾上多見蔵二代
[国立国会図書館蔵]
[四]
市川団十郎八代、市川九蔵二代、岩井粂三郎三代、中山文五郎二代、<?>、尾上多見蔵二代
[アムステルダム美術館蔵]
[五]
坂東彦三郎四代、坂東三津五郎四代、尾上松助カ三代、藤川花友三代、大谷友右衛門四代、嵐吉三郎カ、吾妻藤蔵五代
[都立中央図書館特別文庫室蔵]
[五]
坂東彦三郎四代、坂東三津五郎四代、尾上松助カ三代、藤川花友三代、大谷友右衛門四代、嵐吉三郎カ、吾妻藤蔵五代
[アムステルダム美術館蔵]
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/01/08