『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る

『 魯智深爛酔打壊五台山金剛神之図ろちしんらんすいにごだいさんこんごうしんをうちこわすのず 』
月岡芳年 つきおかよしとし
画像ポップアップ 
画像部分拡大 
  • 幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師、月岡芳年つきおかよしとし(1839年・天保10年 - 1892年・明治25年)の魯智深爛酔打壊五台山金剛神之図ろちしんらんすいにごだいさんこんごうしんをうちこわすのず。(芳年は、別号に一魁斎いっかいさい魁斎かいさい玉桜楼ぎょくおうろう大蘇たいそなどを持つ)
  • 魯 智深(ろ ちしん)は、、中国の小説で四大奇書の一つの『水滸伝』の登場人物。
  • 僧侶でありながら筋骨隆々たる巨漢で怪力の持ち主で、逸話の一つが、酒を飲んで寺に帰って来た時に、素手で山門の金剛神を打砕いたというもの。

《画像ポップアップ》

  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • 拡大した画面上部の「  」をクリックすると全画像をスライドして見ることができます。
  • このページの画像は国立国会図書館が所蔵する版で、「縦二枚続絵」は二枚を合成しています。画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは若干色調が違います。
   『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/12/02