『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』 などを見る

葛飾北斎かつしかほくさい・雪月花』
『葛飾北斎・雪月花』
  • これは、葛飾北斎かつしかほくさい (宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)の、雪・月・花を題材とした三部作で、「隅田」「淀川」「吉野」の風景を描く「雪月花」です。
  • 画像は、フランス国立図書館(BnF)の所蔵によります。
  • 雪月花』は、フランス国立図書館の資料によれば、天保初年・1830年頃 の作とされます。
  • 「前北斎改爲一筆」の落款が見られます。

《画像スライド》

  • ここでは、葛飾北斎の「雪月花」の3枚が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。
  • このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、フランス国立図書館が公開している原画とは色調が若干違います。

《画像ポップアップ》

『葛飾北斎・雪月花』
  • 下の画像をクリックすると、画面サイズに合わせて拡大して見ることができます。
  • マウスや画面タッチで、画像をスライドさせたり、拡大させたりすることができます。
《雪》「隅田」
「雪・月・花」を題材とした第1図は『』で、江戸、隅田川沿いに向島を見下ろす景色を描きます。中央の木立の中に梅若寺(木母寺)が、手前には隅田川神社の祠が描かれています。
《月》「淀川」
』は、遥かに満月を臨みながら、大阪、淀川を行き来する船を描きます。
《花》「吉野」
』は、古来桜の名所として名高い奈良、吉野の満開の桜を描きます。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/05/21