『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • 浮世絵のジャンルのひとつに「寄せ絵」や「だまし絵」などと呼ばれるものがあります。人物や動物を寄せて人の顔や字を描いたり、絵の中に何かを隠していたりするトリックアートです。「遊び絵」という括り方もされます。
  • この絵は、歌川国芳うたがわくによし が描いた「人をばかにした人だ」。
  • 額に貼り付けた紙を自分の息で吹き飛ばす「紙吹き」に興じる男の横顔。裸の男たちが集まって顔が作られている。ヒゲのは肩の彫り物。 眉はふんどし。息は、あご役の男ののおならか。格子柄の着物も数人の男たちで出来ている。何人で出来ているのだろうか。
  • 弘化四年〈1847年〉頃頃の作品とされます。
  • 歌川国芳:江戸時代末期の浮世絵師。寛政9年11月15日〈1798年1月1日〉 - 文久元年3月5日〈1861年4月14日〉。一勇斎国芳、彩芳舎、朝桜楼、雪谷、仙真などと号す。こ絵の落款には「一勇齊國芳」が使われている。

「人をばかにした人だ」
= 歌川国芳 =


「人をばかにした人だ」
歌川国芳
[サンフランシスコ美術館蔵]
人の心は
さま/″\なものだ
いろ/\ くろふして
よふ/\ 人一にんまえになった
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24