『浮世絵・錦絵』などを見る「目次」 

『浮世絵・錦絵』などを見る
判じ絵・地口絵

 江戸時代、庶民の知的娯楽のひとつであった 判じ絵はんじえ地口絵じぐちえ と呼ばれる絵がある。

判じ絵はんじえは、判じ物とも呼ばれ、絵画に隠された意味や言葉を当てさせるなぞ解き。

地口じぐちは、駄洒落の一種で、 語呂ごろ 合せのこと。よく使われる言葉やことわざを発音の似通った語句に置き換え、違った意味に読み替える言葉遊び。元の言葉を当てたりする言葉遊びにも使われる。

 戯作者げさくしゃ を中心に言葉などが作られ、浮世絵師が様々な趣向を凝らした版本も作られた。

歌川芳虎
角力すもう東ノ方はんじもの
  • これは、判じ絵はんじえ
  • 相撲の東方の力士十二人のしこなと、行司一人の名前を判じ物にしたもの。
  • 江戸時代末期から明治時代中期にかけての浮世絵師、 歌川芳虎うたがわよしとら (生没年不詳)の、安政6年・1859年の作品。
  • 落款は一猛斎芳虎。
  • 都立中央図書館特別文庫室所蔵
  •  角力東ノ方はんじもの  
     角力西ノ方はんじもの  
角力すもう東ノ方はんじもの」 
《ヒント》
雲(うん)と鈴(りん)の半分と鵜(う)
《力士名》
雲龍(うんりゅう)
《ヒント》
熊手が肩の荷
《力士名》
熊ヶ谷(くまがたに)
《ヒント》
馬を洗う
《力士名》
荒馬(あらうま)
《ヒント》
赤い火と肩に濁点
《力士名》
明石潟(あかしがた)
《ヒント》
火を曳く鉈(なた)に濁点
《力士名》
響灘(ひびきなだ)
《ヒント》
輪と田と腹
《力士名》
和田ヶ原(わだがはら)
《ヒント》
狆(ちん)に濁点、鞠(まり)の上半分と九人の魔物
《力士名》
陣幕(じんまく)
《ヒント》
型染めをする武蔵坊
《力士名》
武蔵潟(むさしがた)
《ヒント》
鬼の面とお産
《力士名》
鬼面山(きめんざん)
《ヒント》
王将の駒が木になっている。そして戸
《力士名》
大鳴門(おおなると)
《ヒント》
濁点のついた二つの乳を通した竹竿を蚊が担ぐ
《力士名》
虹ヶ嶽(にじがたけ)
《ヒント》
田んぼに魔に柿
《力士名》
玉垣(たまがき)
《ヒント》
木と村と笙と助六の上半身
《行司名》
木村庄之助
(きむらしょうのすけ)
  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/21