『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
『葛飾北斎・富嶽三十六景』  

地図で見る
『葛飾北斎・富嶽三十六景』

  • 下の題名をクリックすると、その場所が地図の中心に表示されます。吹き出しの中に表示される絵は拡大して見ることが出来ます。
  • 『富嶽三十六景』は、葛飾北斎かつしかほくさいの代表的な作品で、初版は江戸時代の文政6年・1823年頃から作成が始まり、天保2年・1831年頃から天保4年・1833年頃にかけて刊行されたとされます。
  • 富士山を主題として描かれた大判錦絵による風景画揃物で、主板の36図、および好評により追加された10図の計46図からなります。「凱風快晴  」(通称:赤富士)や「神奈川沖浪裏  」が特に有名です。
  • 葛飾北斎かつしかほくさい:宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉。
  • 富士山の位置  
  • 地図上の位置は、特定できない所もあり、おおよその場所です。大きな誤りがある場合はお知らせください。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/05/21