『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  • この絵は、 菱川師宣 ひしかわもろのぶ が描いた「 歌舞伎図屏風 かぶきずびょうぶ 」。
  • 肉筆。六曲一双。
  • 右に芝居小屋「中村座」の入口と、役者総出の太平楽の華やかな舞台と観客席、左に楽屋とこれに繋がる茶屋が緻密な描写と構成によって、臨場感をもって表現されている。285人のさまざまな人々の姿が、活き活きと描き込まれた師宣最晩年の代表作である。(引用:ColBase
  • 菱川師宣:江戸時代の画家。元和4年〈1618年〉- 元禄7年6月4日〈1694年7月25日〉)
  • 菱川師宣の生誕年、元和4年は
  • 浮世絵の確立者であり、しばしば「浮世絵の祖」と称される。(Wikipedia)
  • 国立博物館所蔵。

「歌舞伎図屏風」
= 菱川師宣 =

  『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/10/24